ゴシップ

『東京フレンドパーク』で木村拓哉が犯した失態にドン引き、ブーイング吹き荒れ中

【この記事のキーワード】
kimutaku0110

「おっしゃーーーー!」

 昨年末、ひっそり静かに解散してしまった、国民的アイドルグループ・SMAP。メンバーのうち、リーダーの中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)の4人は解散日である12月31日に都内にあるタレントの堺正章プロデュースの焼肉店に集結して慰労会を開いたようだ。木村拓哉(44)の姿はないのに、そこには元メンバーでオートレーサーの森且行(42)も加わっていて、5人は年をまたいで2時まで語らっていたという。

 この夜この場所にSMAPメンバーが集結するという情報はどこからかマスコミに伝わっていたのだろう。元旦早々、「週刊新潮」(新潮社)のネット版「デイリー新潮」がこの現場をスクープしたと告知し、あとを追うように「女性セブン」(小学館)も慰労会の様子を掲載している。ファッションチェックが容易なほど克明な各々の全身写真が掲載されていたこともあり、複数人の週刊誌カメラマンがしっかり張り込んでいたことは明らか。情報のリーク元はジャニーズ事務所ではないかと噂されているが、だとしたらわざわざ「木村のみが除け者」の構図を大きく報じさせる意図がわからない。木村以外の4人が、幼稚な感情的理由でSMAP解散を引き起こした……という図式を強く印象づけるため? 今さらそんなことをする理由があるだろうか。

 <木村も誘われたけれど、家族で過ごすからと断った説><木村だけが誘われず、木村は家族と共に紅白を見ていた説>など、報道もファンの認識も分かれているが、とにもかくにも木村が慰労会の席にいなかったことだけは間違いない。長年苦楽を共にした仲間との関係に、本当に亀裂が入ってしまったのか。彼らから完全に遮断されてしまっているのか、はたまた自分からもう二度とほかのメンバーと行動を共にすることはないと決意したのか――。木村の心情はわからないが、そんな木村の主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が、いよいよ1月15日からスタートする。

 数々の主演ドラマで、組織や権力に逆らってでも正義を通し仲間を守るタイプのヒーローキャラを演じ、高視聴率を獲得してきた木村拓哉。今回も例に漏れず、凄腕の外科医を演じるようであるが、黙っていても出演者次第で視聴者がついてくる時代ではないため、TBSも番宣に余念がない。新しいドラマのスタート時期ともなると、各ドラマの出演者たちは番組宣伝のために同じ局内の様々な番組に出演して、宣伝を行わなければならない。1月9日に、あの『東京フレンドパーク』が一夜限りの特番復活をし、間もなく始まる冬ドラマの主要メンバーたちが勢ぞろい、体を張ったゲームで得点を競いあった。当然、木村拓哉もそこに参加、『A LIFE』チームのメンバーは木村、竹内結子(36)、松山ケンイチ(31)、木村文乃(29)であった。

1 2 3

[PR]
[PR]
SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)