ゴシップ

不倫、演技下手、電波系…離婚を経て中山美穂のイメージ急降下

【この記事のキーワード】
中山美穂公式HPより

中山美穂公式HPより

 今年3月に中山美穂(44)と離婚協議中であることが報じられた辻仁成(54)が、自身のブログにて離婚を発表した。

 辻は8日付けのブログで「本日、離婚届にサインをし、提出いたしました。今後は息子とふたりで生きていくことになります。ぼくと生きたいと望んでくれた息子の気持ちにこたえられるよう、父親としても頑張りたいと思います」と綴り、離婚後の息子の親権は辻が持つことを明かした。

 一方の中山は離婚届にサインした後、5月に中山との不倫デートをキャッチされた音楽家の渋谷慶一郎氏(41)が仕事で滞在しているパリに向かったという。中山と渋谷氏は離婚協議中から人目も憚らずデートを楽しんでおり、このまま再婚するのも時間の問題かもしれない。

 2人の離婚原因には、当初は辻の“中性化”や愛人の存在などが取り沙汰されていたが、中山と渋谷氏のデート現場がスクープされてからは見方が一変。離婚協議中の身であるにも関わらず子供と夫を放って堂々と不倫デートをする中山にバッシングが相次いだ。

 今回の離婚についてネットでは「これでミポリンの露出が増えるな」と、中山の芸能活動が本格化する展開を予測する見方が強い。彼女は現在放送中のドラマ『プラトニック』(NHK BSプレミアム)に主演しているが、「ドラマ最終回直前に離婚を持ってくるとはさすが女優」と揶揄する声や「相変わらず演技下手で安心した」「需要ないけどこれからどうするんだろう」と批判的な反応が多く、そもそも女優としての演技力も疑問符が多数つくレベル。

 また、中山といえば、近年Twitterで原発や放射能についての政治的発言を連発していることでも知られていたが、離婚翌日には「ありがとうって。心から思う」「どっと」「疲れが」と意味深なツイートを連投。その後も「あなたがいるから」「始まるすべて」などとつぶやき、今後を示唆するような動きを見せた。これについても「ドン引きした」「電波系」と非難が集中し、彼女を擁護するコメントはあまり見られなかった。

 最近ではルックスの劣化についての指摘もあり、久々の連ドラ出演もあまり話題にならないという落ち目ぶりに加え、不倫・離婚とイメージダウンに拍車がかかっている中山。子供の親権を持たなかったことで、ママ枠での活動は一切なさそうだが、業界内に絶大な権力を持つ所属事務所の庇護下で、彼女が今後どんな活動を展開するのか気になるところである。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ことりっぷ 海外版 パリ (海外|観光・旅行ガイドブック/ガイド)