カラダ・美容

恋愛&整形依存? 押切もえ「恋をしてないとダメ」発言に漂う痛々しさ

【この記事のキーワード】
『Slim Love VOL.2 』マキノ出版

『Slim Love VOL.2 』マキノ出版

 今年5月にハワイにて開催されたファッションショー「Hawaiian May! collection 2014」に出演したモデルの押切もえ(34)。彼女はイベントに際して「モデルプレス」(ネットネイティブ)のインタビューに応じ、自身の恋愛観を語った。

 そこで押切は、「ずっと好きな人はいます。依存症ではないですけど、恋をしてないとダメな人なんですよ」「モデルとして良い表情でいるためにも、恋愛は楽しんでいます。結婚には結びついてないけど」と目下恋愛中であることを明かした。

 押切といえば、05年に読売ジャイアンツの野間口貴彦投手(31)との熱愛が報じられたが、09年に2人は破局。その後は恋愛面での話題がほとんどない状態である。ちなみに、野間口投手は11年にファッション誌「JJ」(光文社)のモデル・佐藤優里亜(26)と結婚している。

 また、近年では小説家としても活動し、昨年『浅き夢見し』(小学館)を上梓。売れないモデルが主人公で、挫折を経験しながらもトップモデルに成り上がるというストーリーは大きな話題を集めた。

 その一方では、高校時代に「egg」(大洋図書)や「Popteen」(角川春樹事務所)のモデルとして活動していた頃と現在の顔の印象が全く違うことから、整形疑惑が取り沙汰されることも。加えて容姿の劣化が頻繁に指摘され、「整形のメンテナンスができてないの?」という声や、あるいは「整形依存でやめられないのでは」との懸念まである。さらには、彼女がプロデュースした都内のマンションが「酸性雨で大理石がボロボロと崩れる可能性がある」という欠陥住宅である疑惑を週刊誌にキャッチされたこともある。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

浅き夢見し