連載

対面座位の魅力は串刺し&密着感のコラボレーション☆

【この記事のキーワード】

ルミコタイトル

 毎日暑い日が続いていますね。皆さん、夏バテなどにかかっていませんか?

 最近の私はと言いますと、とにかく暑い&手間をかけて料理するのがめんどくさいという理由で、連日一人そうめんパーティーをしていたところ、お腹がピーピーのゲリラ状態になってしまい、そうめん断ちを決意したという次第です。食欲のない時でも食べやすいそうめんですが、連続摂取は控えたほうが良さそうですね。

 それはさておき、ビッチ活動において新たな気づきがありました。ここ数年、ほとんど己の体力を使わずとも最高に気持ち良くなれる「正常位」を推しまくっていた私でしたが、ある日のセックスで正常位から推し変したくなるほど、別の体位を気に入ったのです!!

 それは、“対面座位”。「なんだ、そんなの普通の体位じゃん」と感じる方も多いと思います。私自身も、これまで何度も対面座位を経験してきたのですが、秘められたポテンシャルに気づくことなくビッチ活動に勤しんできたことを後悔しています。それほどまでに、対面座位の魅力を確認できた一戦があったのです。

エネルギッシュな上下運動がGood

 先日、3年ほどの付き合いがあるセフレ・一郎くん(仮名/27歳)の自宅に泊まった時のこと。夜1回セックスをした後、そのまま眠りにつく(そして、翌朝起き抜けのセックスをする)のがお決まりのパターンだったのですが、この時の私は妙にサカッており、事後もムラムラが止まりませんでした。そこで、眠ろうとする一郎くんのちんちんをくわえ、勝手に戦闘状態にしてもう1回ヤルことを決意。

 一郎くんは、本人がヤリたいかどうかは関係なくとも、何らかの刺激を与えると即座に勃起するという素晴らしいちんちんを持っています。フェラでちんちんを勃たせられながら、「もう眠いから明日にしようよ~」と言う一郎くん。その言葉を無視し、とりあえず騎乗位で挿入しました。

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ