連載

男性の性ファンタジーに取り込まれて同性を売るオンナに、一言申したい!

【この記事のキーワード】

 少子化少子化というなら、こんな男性の遺伝子は残さなくて結構です。そもそも、共同作業をして残したいという女性もいないでしょうし。同時に、思想の遺伝子も根絶してほしい。それこそ精子を巻き散らすように、こうしてコンテンツとして世間にこの思想をばらまくのは、本当にやめていただきたい。

 これが男性の極端なファンタジーにとどまっている限りはいいのです。いや、よくないけど! でも、そこに乗っかっている女性がいるという事実に、とても胸がざわざわしてしまうのです。この監督の思想を知りつつも仕事は仕事と割りきっているのだと思いたいのですが、記事で監督と一緒にインタビューを受けているAV女優が、

「ヒロインがレイプされて自傷行為をするシーンがあるんだけど……大多数の女の子は女の自傷行為というものを観て『自分に浸ってるだけじゃん』って心の底では思ってると思うの」
「(レイプシーンを見て)女性が映画でヒドい扱いされてることに対してスカッとしたわけ」
「LINEで誘われて、ついて行って犯されて。それで周りが可哀相、って言ってるのは私も意味がわからないんだよね。好きでそうなってるようにしか見えない行動というか」

 と発言しています。何かを読んでこんなにイヤ気分になったのは、久しぶりです。

 そう思うこと自体については、何らかの背景があるのでしょう(と思いたい)し、第三者が何か言えるものではないと思います。でも、これをメディアで発言するとなると、全く意味合いが違います。messyは女性向けサイトですが、男性だって閲覧できます。「レイプを肯定している女がいる!」……これ、すごくマズくないですか? 少なくとも私は「同性である女性に売り物にされた!」と感じました。

 あと、これを言うことは御法度かもしれないのですが……女性向けを謳うメディアが、この監督なり女優なりの記事を載せなくていいとも感じました。徹底して反駁し、激論を交わすならともかく、それがないなら、この極端な男性的セックスファンタジーに取り込まれているも同じです。炎上=宣伝になりえますしね。おとなの事情もあるのでしょうが、これは「女性向けサイトって誰のためにあるのかしら?」と首をかしげてしまう出来事でした。

……って、こうして関連記事を書くことも、結局はそれを後押ししていることになるのかな。あーあ。

 

■桃子/オトナのオモチャ約150種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。ブログtwitter

backno.

1 2 3

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)