カラダ・美容

お金で解決、彼公認で育毛…夏のムダ毛事情に迫る!!

【この記事のキーワード】
Photo by Caroline Zenker from Flickr

Photo by Caroline Zenker from Flickr

 いよいよ夏本番!! 露出が多くなるこの季節に、女性の皆さんが気になることといえば「ムダ毛処理問題」ではないでしょうか。処理を疎かにし、半袖から覗いた腕にムダ毛がチクチクしていることに気づいてしまったら、一刻も早く帰宅したい衝動に駆られます。結果、一日中腕を後ろでクロスしたままやり過ごす羽目に……。

 それに、夏って他の季節よりも毛の伸びるスピードが早くなっているように感じませんか!? 気のせいであってほしいのですが……。

 かくいう私は、毎年夏はお風呂タイム=剃毛タイムと化し、カミソリの刃を交換する頻度が多くなってしまいます。そんな煩わしいムダ毛問題。一体、世の女性たちはどう対処しているのでしょうか? 詳しい処理法やその頻度を聞いてみました。

Mさん・27歳の場合

主な処理法:美容外科での医療レーザー脱毛(デリケートゾーンや顔を含む全身)、カミソリ
頻度:毎月1回の美容外科での施術、月に2~3度ある気合いの入った合コンやデート前はカミソリでの処理

 カミソリオンリーの自己処理や脱毛サロンでの施術経験を経て、最終的に2年前に美容外科での医療レーザー脱毛に辿り着いたというMさん。数回にわたって通い続ける長期戦かつ、お値段は総額60万円前後と高めですが、以前に比べてムダ毛の悩みがほとんどなくなり、「急なお泊まりデートでも焦らなくなった」とか。「値は張っても、サロンに比べたら即効性と持続性が歴然」という力強いお言葉をいただきました。

Yさん・26歳の場合

主な処理法:カミソリ
頻度:週1程度

 沖縄出身の彼女は、自他ともに認めるほどの“毛むくじゃら”なのだそう。それなのに、ムダ毛処理はカミソリで週1というかなり低い頻度ですが……。そこには「同棲してる彼がムダ毛とか全く気にしない人だから、夏でも海行く前とか露出する時くらいしか剃らない。むしろ、『どこまで伸びるかな~』って彼と一緒にムダ毛の成長を観察してる(笑)」という微笑ましい理由がありました。

 女性のムダ毛は男性にとって幻滅ポイントというイメージがありましたが、むしろ生やしてもOKな男性もいるんですね。しかし、実際に「俺、ムダ毛とか気にしないよ」と言われても、「じゃあ、生やそうかな♪」とはなかなか思えないですし、実際に生やしたらドン引きする口先だけ男もいるので要注意です。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

痛くない! ムダ毛パッド スムースアウェイ