カルチャー

織田信成の『新婚さんいらっしゃい』出演でまた見えた?「専業主婦の完璧家事」モンダイ

【この記事のキーワード】
織田信成

殿はイイ奴キャラなんだけどね~(『ワールド・フィギュアスケート No.25』新書館)

 人目を憚らぬ号泣キャラで好感度を爆上げしたプロスケーター・織田信成(27)が、妻の茉由さん(27)と共に27日放送の『新婚さんいらっしゃい』(テレビ朝日系)に出演していた。ピンクのワンピースを着用し、ぱっつん前髪・おへそまであるロングヘアの出で立ちで登場した一般女性の茉由さんは、ネット上で「くっそかわえええええ!」と人気だ。そんな可愛らしい茉由さんに、織田は中学一年生の頃から片想いしていたそうで、「高校三年生の時、世界ジュニアで優勝した後にデートしたいと誘った」ことを機に、メールをやりとりする関係になったそうだ。

 初デートの行先は映画館だったが、「その日は(織田が)すーごい格好してきた。紫のジャケット着て白のサングラスかけて」という茉由さんの回想に、司会の桂文枝(71)と山瀬まみ(44)もビックリ。織田いわく「大好きだったんですごいオシャレをしないといけないと意気込んだ結果、張り切りすぎちゃった」のだそう。可愛らしいルックスに優しげなオーラ、さらに頭も良く器用な茉由さんにずっと憧れていたという織田だが、そこまで好意を寄せた女性と結婚し二児をもうけたのだから、少女マンガ化されてもおかしくないくらいの純愛ストーリーだ。

 しかし、憧れの女性だったといっても、結婚し家族となったら不満や愚痴も出てくる。織田はトイレ掃除にこだわりがあり、妻に物申したいとのことだった。いわく、「自分は仕事で一週間、家を留守にすることがある。その出掛ける時に『トイレ掃除してないなあ』と感じても、そのうちするだろうと思いきや、一週間後に帰宅したらまだ掃除してない」。

 これに茉由さんは毅然と反論。ひとりで幼い子供(3歳と1歳)二人を見ていれば、掃除に手が回らない、たまに帰って来て「なんでこんなにおもちゃ出てんねん」と突っかかられると言われるとカチンと来る、と。「でもトイレ掃除は5分もあれば終わる」という織田に、文枝が「じゃあ自分がやればええやん」と助言し、気付いた人がすればいい、という流れになるも、織田は「納得できない。僕は家にいることが少ないので、絶対に奥さんの方が気付いてるはず。なのになんでやってくれないのって思うんですよ」と譲らない。くわえて「ご飯食べた後のテーブルとかもちょっと拭けばいいのに」と掃除の不満をぶつけてくる。

1 2

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ラブピロー