カルチャー

お風呂でエッチな洗いっこ! 初めてなのにイキすぎ感じすぎッヴァージンラブTL特集

【この記事のキーワード】

 夏はオトナになる季節――「ひと夏の経験」とはよく言いますが、身を焦がすような日射しに焼かれて開放的な気分になるのは確か。日焼けした背中だけじゃなく、ひと皮ムケたくなる季節なんですよね。そんな季節にぴったり(?)な「女の子の初めて」を描いた2作品を、今回は特集いたします!

同居人が男なんて聞いてナイッ!

『同居人が男なんて聞いてナイッ!』

『同居人が男なんて聞いてナイッ!』

 大学進学を機に上京したチカは、イトコのお姉さんである薫と一緒に住む予定。ところが数年ぶりに再会した薫は「憧れのお姉さん」ではなく、実はオトコ!? 幼少期の勘違いが原因とはいえ、もう後には引き返せません。背も伸びてものすご~くカッコいいモテ男子に成長した薫のギャップに戸惑うチカの、ドキドキ★同居ライフは思わぬかたちで幕を開けました。

 いろんな女性が入れ代わり立ち代わり訪れる薫の部屋。再会しての第一印象は「セックスばかりしている最低男!」でしたが、強引ドS男子の薫にグイグイ責められるとチカも拒むことができず、とろとろに濡らされてしまいます。細いのにゴツゴツした指とヌラヌラいやらしい舌での愛撫に、「感じやすいな……こんなに濡れてる」なんて言葉責めまでされちゃって、処女のチカは思考停止状態! 濃厚な手練手管にイカされちゃって……。友達にも言えない淫らな同居生活、どうなっちゃうの?

おとなりさん

『おとなりさん』

『おとなりさん』

 両親が共働きで忙しい「なずな」は、小さな頃から学校が終わるとお隣のお兄ちゃん・蒼クンの家で面倒を見てもらうのが日課。なずなを溺愛している蒼クンですが、モデル級のルックスで大学でもモテモテらしく、いつも別のキレイなお姉さんとエッチなコトをしている声が聞こえてきます。「きっとセックスしているんだなあ……」でも、無知ななずなは、知りませんでした。自分も日常的に蒼クンと「セックス一歩手前」までシちゃってるということを――。

 昔からの習慣で、お風呂はいつも蒼クンと一緒に入っているなずな。もうカラダは大人びているのに、無邪気な彼女は、蒼クンが手や唇や舌でやさしく全身を綺麗にしてくれるコトをただの“洗いっこ”だと思い込んでいます。でもこの頃、敏感な部分を触られると気持ち良くて尖ってきちゃう。そんなある日、「ナカも洗ってやるよ」と蒼クンに言われて……。気持ちよくて変な声が出ちゃうし、心臓もドキドキ。微妙すぎる2人のカンケイが、急速に進展する!?

 どちらも女のコは超ウブでエッチ未経験なのに、男のコは百戦錬磨のエロエロイケメン。耳年増な女性読者の方は、「初めての時は、そんな技巧派男子の手で全身敏感に開発されたい~!」なんて憧れたこともあったのでは? ぬるぬるに感じてとっても気持ちよさそうな女のコたちが印象的な2作品『同居人が男なんて聞いてナイッ!』『おとなりさん』は、コミックシーモアでお楽しみください♪

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ