ゴシップ

妻夫木聡の「真剣交際」はやっぱり主演ドラマ低迷のテコ入れ?

【この記事のキーワード】
『アクターズ・ファイル 妻夫木聡』キネマ旬報社

『アクターズ・ファイル 妻夫木聡』キネマ旬報社

 デビュー以来、着実にキャリアを重ねて実力派として名前があがるようになった俳優、妻夫木聡(33)。『若者たち2014』(フジテレビ系)で主役の長男を熱演しているこの時期に、女優のマイコ(29)との真剣交際が報じられた。

 妻夫木とマイコは一昨年8月放送の『東野圭吾ミステリーズ』(フジテレビ系)で共演して知り合い、意気投合。交際に発展したという。マイコは日米のハーフであり、最近ではNHKの朝ドラ『おひさま』に出演、ヒロインの友人役を好演して話題となった。

 関係者の話によると、二人は港区の郷土料理店や目黒のバーでデートを重ね、休日は互いの自宅で過ごすことが多いのだという。つきあいも二年に及ぶということから、かなり落ち着いた大人の関係、との証言もあるようだ。

 また双方の所属事務所はこの報道に対して「大人ですので、プライベートは本人に任せています」とコメント。特に熱愛を否定しなかったことから、おそらく今回の報道はどちらにとってもデメリットにならない「事実」なのだろうと思われる。

 妻夫木といえば、優香や柴咲コウとの恋愛遍歴がまだ多くの人の記憶に残っているのではないだろうか。同じホリプロ所属の優香とは2004年に車内チューを激写され、一部スポーツ紙には結婚の二文字が躍ったことも。しかし優香の交際経験人数があまりに多かったことや束縛が相当きつかったことなどを理由にして妻夫木のほうから別れを宣言、破局となった。スーパー高校生の時代からかなり遊んでいたであろう妻夫木も引いた優香の元カレ数とはいったい何人であったのか、そこも気になるところだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 DVD