ゴシップ

プチ炎上キャラと化したベッキー、“生ゴミ”自虐発言が痛い

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
『an・an 2014年 4/2号』マガジンハウス

『an・an 2014年 4/2号』マガジンハウス

 15日、タレントのベッキー(30)が自身のTwitterで「ちゃんとしたニンゲンにナリタイ」とつぶやいた。加えて、「生ゴミのような生活を送っているのは私の方なのかもしれない」「お仕事はちゃんとしています。でもそれ以外は生ゴミだ」と綴り、いつも明るいイメージの彼女にしては珍しくネガティブな心境を吐露。

 このツイートに対してファンから心配の声が寄せられたのか、その後すぐにベッキーは「みなさん!ここ笑うとこ!心配するとこじゃなくて!笑」「私は弱ってるときにツイッターをさわりません」と続け、“生ゴミ”発言は単なる自虐ネタだと明かした。

 しかし、ネットでは「かまってちゃんか」「公で自虐できるのは自信の表れ」と批判的な反応が相次ぐ事態に。また、かねてからベッキーがファンだと公言していた女優の能年玲奈(21)が、以前トーク番組で自身を「生ゴミみたい」と発言していたことから、「能年ちゃんのパクリ?」との指摘や、「仕事はちゃんとしてるって、いつも自己評価高いよね」との声もあった。彼女なりのジョークは、ネットユーザーにはあまりいい印象を与えなかったようだ。

 ベッキーといえば、今年6月に俳優の佐藤健(25)と女優の森カンナ(26)の深夜デートが報じられた際に、自身のTwitterで「3人で歩いていたんだけど なぜか1人切り外され深夜デートしていた風の写真になり それ風のことが書かれてしまったという感じですね」と2人の熱愛を否定した上で、「私が切り外されたわけでもないです。笑 私はその場にいなかったです。笑 それはまた違う女の子。私は真実を聞いただけです」と、それは第三者から得た情報であると明かしていた。

1 2

コメント

この記事へのコメント受付は終了しました

7 :
2016年04月03日 13:50
>>6

そうなんだろうなー
貯金たんまりあるだろうから、遊んで暮らせばいいのに
でも、生ゴミは能年の「専売特許」だから、ダメだよ

6 :
2016年04月03日 13:46

嫌であろうが不本意であろうが開き直って汚れキャラで復帰するしか彼女には道はない。
ま、いまだに川谷さんとはなにもないただの友達だったんですと宣ってるからしばらくは無理なんだろうけど。

5 :
2016年04月03日 13:33

飽き飽きする

4 :
2015年03月29日 22:48

自分の手を汚さないただのタレントだもんな。演技の勉強する訳じゃなし、歌も魂こもってないし、妹みたいに海外へ出て勝負する根性もないし。
顔が完全なイギリス人のおばちゃん顔だから、これからしんどいね。

3 :
2015年03月29日 21:21

ほほぅ。

2 :
2014年10月07日 20:08

なるほどね

1 :
2014年08月19日 17:23

元気だけじゃなぁ。ハーフに優越感持っていて自分だけ幸せ全開、人の痛み分からない感じがして傲慢に見えてしまう。

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

スーパー・ポジティヴ・シンキング ~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~ (ヨシモトブックス)