連載

実の子供さえ差し出す…売春大国・タイの性風俗店で働く女

【この記事のキーワード】
Photo by lightpainter from Flickr

Photo by lightpainter from Flickr

短期集中連載・必殺裏仕事人

 ハーイ、アスモデウス蜜柑よ。夏のバカンスを楽しみすぎてお久しぶりの原稿になってしまったわね。反省反省。今年の夏は男の新規開拓もたくさんできたから今後のネタが尽きないわ。来月もきっと男の相手でてんやわんやしているでしょうね。

 さて、必殺裏仕事人の連載も最終章。

 女を買いに東南アジア(特にタイやフィリピン)へ行く男の話ってよく聞くけど、私の知人にも何人かいる。日本で性風俗店に行くよりも相場が安く、王様気分で女性を選ぶことができるからね。

 今回は買い手が娼婦を選ぶために訪れる置屋(娼婦が住居にしている)で、従業員としてバンコクで働くタイ人女性のハックさん(30歳・仮名)に話を聞くことができたわ。恥ずかしながら私はタイ語なんてちんぷんかんぷんだから、通訳のできる友人を通してだけど。ああ、人脈が多いって有難い。

 勘違いしてはいけないのが、タイのセックス産業は有名だけど、売春はもちろん違法。女性たちはどんな暮らしをしているのかしら。

――なぜハックさんはこの仕事を?

「実は私も以前、2年ほど娼婦として働いていたことがあります。それだけの期間、毎日働けば充分貧しい両親を支えることができました。でも『生涯安定』というわけではありません。その不安から、娼婦に戻る覚悟もしつつ、娼婦の一番近くで働ける仕事を選びました」

1 2 3

アスモデウス蜜柑

好奇心旺盛な自他共に認める色欲の女帝。長年高級クラブに在籍し、様々な人脈を得る。飲み会を頻繁に企画し、様々な男女の架け橋になり人間観察をするのが趣味。そのため老若男女問わず恋愛相談を受けることが多い。趣味は映画鑑賞で週に3本は映画を見る。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

コワ~い海外風俗の話 (宝島SUGOI文庫)