インタビュー

「白血病から生還して、セックス中毒になった」既婚男子の性欲/長谷川さん(仮名・44)

【この記事のキーワード】
Photo by ljholloway photography from Flickr

Photo by ljholloway photography from Flickr

 前回登場してもらった性欲の薄い愛妻家・伊原さんから、「オオカミ系の肉食中年なら、知り合いにいるよ。水品さんも知ってる人だと思うけど」と言われた。名前を聞くと、確かに数年前に一度、仕事でお会いしたことのある映像プロデューサー。その人は「ガンガン不倫してる状態」にあり、何でも赤裸々トークしてくれるらしい。アポを取ると、「あ~ご無沙汰してますー! いいですよー」と爽やかに性欲ネタの取材をOKしてくれた。というわけで、今回は「不倫しちゃってます~♪」な美形中年男性・長谷川さん(44)のお話だ。

大人の「グレーな関係」

長谷川道博さん(仮名)
年齢:44歳。結婚生活19年
家族構成:妻(41歳)、子3人(10歳、7歳、5歳)
自宅間取り:4LDK(戸建/持ち家)
職業:映像プロデューサー

 ルックスは津田寛治から胡散臭さだけを取り除いたような(秋刀魚のはらわたを洗った感じ)爽やかな感じのお兄さんです。40代の一般男性なのに長谷川さん、俳優である津田さんよりもなんか「おじさん」臭がないんですよねー……。

津田寛治

※ちょっとクセのありそうな感じが絶妙~

――お会いするのは6年ぶりくらいでしょうか。長谷川さん、相変わらず若々しいですね。40代に見えないです。

長谷川「一応、ジムに行ったりしてほどほどにトレーニングしてますよ」

――その6年前に初めてお会いしたとき、新宿のスタバだったと思うんですけど、私は「これはこういう企画でこういう感じでやっていきたいんです。あ、長谷川さんってすごい不倫しそうな顔してますねー」って思わず言ってしまって、そしたらムッとした顔で「失礼だなあ」って返された……ということを強く覚えているんですよ。でも、実際は当時から不倫しまくってたんですよね?

長谷川「そんなこと言いました?(笑)」

――言いました言いました。「あ、すみません」って謝ったんですけど、そのことを結構ずっと覚えていたので、今回「なんだよ、してたんじゃん」と思って。今はどうなんですか?

長谷川「そんなディープではないですけどね。何人かずっと続いてる女の子はいますね。一番古い女性だとかれこれ12年くらい。向こうも結婚してるし、会わない期間もあったけど、ここ1年くらいで時々また会うようになった。月に1回くらいご飯行って、そのまま帰る時もあるし、ちょっと昔を思い出して『泊まってく?』みたいな。泊まりはしないけど」

――それって「セックスもする女友達」という関係でしょうか。

長谷川「そうそう、友人としてお互い仕事のことを話し合ったりとか。12年前はまだ彼女は大学出たばっかりくらいだったかな」

――え、一回り近く年の差ある女性なんですね。その子が長谷川さんに本気になっちゃった時期はなかったんですか?

長谷川「最初は、それがあって上手くいかなくなっちゃったんですよね。1~2年付き合ってたけど。『結局あなたは結婚してるじゃん! 奥さんと別れないじゃん!』という話になって、『ごめん』って。でもその後、普通に友達みたいになって。彼女も別の男性と結婚したし、今はもう恋愛どうこうはないですね」

――長谷川さんのほうが、奥様以外の女の子にどハマりしたことはないんですか?

長谷川「それはないですね。もちろんね、いきなり『もう会えない!』とか言われたら『え、なんでなんで?』とは聞きますけど。でもだからといって、会えなくなった子を引きずるとかはないかな。まあしょうがないなっていうか。自分がそんなこと言える立場じゃねーな、みたいな」

――奥様から誰かに乗り換えたいって思ったことも、今のところない?

長谷川「ない。かといって、そんなに熱い夫婦関係でもないんで、もしそういう人がいたらね、それはそれでいいんだろうけど中々それはなくて」

――まあお子さんもいらっしゃいますし、よくはないですよ。ご自身で恋愛にハマらないように抑制している?

長谷川「もちろんそれはあると思います。だからすごくハードルを高く設定してるというか。大恋愛とかしたら離婚もあるんだろうけど、そこに至るような関係に発展したことは今までないですね。夫婦としても奥さんとは決していい関係じゃないとは思うけどね」

――いい関係じゃない?

長谷川「男女ということを考えたらね」

――あ、セックスレスですか?

長谷川「レスもレスです」

――どのくらいですか?

長谷川「4~5年は経ってますね。3人目の子供ができてからはヤってないから」

――妊娠中ってしました?

長谷川「妊娠中はしてないんじゃないかな」

――そもそも、したくならない?

長谷川「あー、ちょっと、もしかしたら誘って怒られたことがあった気がする。それでしたいと思わなくなった」

――誘って一度でも断られると「じゃいいや」ってなりますよね、男性って。セックス以外で身体的なスキンシップってないんですか?

長谷川「してないですね。キスとか?」

――しないものですか?

長谷川「難しいところですよね。若い頃はしてたからね。セックスも普通に、アホみたいに。でも今は、母親と一緒にいる時みたいな」

――今は家族?

長谷川「家族。『ママ』って呼んでるしね」

――じゃ、長谷川さんは『パパ』って呼ばれてますか?

長谷川「いやそれが向こうは抵抗あるみたいで、『道博くん』とか。たまに『ママって言うな』とか怒ったり」

――名前で呼んだ方がいいんじゃないですか?

長谷川「やっぱ?」

――うん。性欲自体は年齢と共に衰えるって方もいらっしゃいますし、歳を重ねるごとに強くなるって方もいらっしゃいますけど、夫婦間でのセックスレスは昨今、特に可視化されてきて問題意識が強まっていると感じます。長谷川さんはご自身の性欲そのものが衰退したとは感じませんか?

長谷川「20歳の時よりは明らかに増してる気がする。というのも、若い時よりも『ある程度グレーな人間関係』が簡単に構築できるってわかっちゃった。女性関係において」

――ああ、この子はやろうと思えばやれる、みたいなのが察知しやすくなったと。いろんな女の子と同時進行で不倫できるくらい、モテるはモテるし。

長谷川「グレーな関係だから並行して何人もできるんじゃない?」

1 2 3 4

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

慰謝料上手にとれるかな? (ホビー書籍部)