連載

追っかけすぎて交通事故、ドリンクに塩酸…韓国の“やらかし”は超過激!

【この記事のキーワード】
SEOUL44

節度あるファンは歓迎されるけど…。 Photo by ●ºHei Yanº● from Flickr

 韓国では、熱烈なK-POPアイドルファンや、おっかけを〈サセンペン〉と呼ぶ。この言葉は、私生活(サセンファル)とファン(ペン)をあわせた造語で、「アイドルの私生活にまで介入するファン」という意味なのだとか。

 サセンペン本人たちが自覚しているかどうかはわからないが、基本的には「ストーカー的」だったり、「度を越えている」など、ネガティブなニュアンスで使われることが多い。もちろん、男性アイドルを追いかける女性サセンペンも入れば、女性アイドルグループを追いかける男性サセンペンもいる。

 日本では、韓国サセンペンの評判があまりよくない。K-POPライブに足を運んだことがある方なら一度は見かけたことがあるかもしれないが、マナーが非常によろしくないのだ。撮影禁止のライブ会場に戦場カメラマンばりの機材を持ち込んでは、係員に追い出されたり、説教されることもざら。しかも、怒られても悪びれず、口を「へ」の字に曲げて不機嫌な表情でにらみ返していたりする。

 先週、僕自身、ソウルの金浦空港でタクシーに乗ろうとしたところ、サセンペンの大群とはち合わせた。そして、カメラと脚立を携えた彼女たちに、「アジョシ! チョン!(おじさん! ちょっと!)」と突き飛ばされる始末……。注意しようとすると、口を「へ」の字に曲げて不機嫌な表情でにらみ返してきたので、怖くてやめることにした。

 サセンペンはこれまで韓国でもたびたび問題となってきた。サセンペンに執拗に車で追いかけられ、交通事故を起こした韓国芸能人も少なくない。Super JuniorBIGBANGスンリチャン・グンソクなどの事故は日本でも有名だろう。チャン・グンソクにいたっては、あまりに過激で加減をしらないサセンペンに対して、「コジョ!(消えろ!)」と、SNS上で感情を荒だてたこともあるらしい。

 また、さる8月には2PMテギョンが「スケジュールにもないプライベートを写真撮ってアップする必要があるの?」とTwitterで牽制。

SEOUL44b

2PMテギョンはtwitterで抗議。

 過去にはBlock.BZICOが「1日に15通以上メールが来るのですがストレスです。声が聞きたいならライブに来てください。電話番号を変えたり、遮断するのも面倒」とツイートしたこともあった。これまで、数多くのアイドルたちが感情を抑えきれずサセンペンを批判しており、韓国のニュースで社会問題として取り上げられるほどやっかいな存在になっている。

1 2

河鐘基

エンターテイメントから政治まで、韓国の社会問題を広範囲に取材。雑誌やウェブ媒体を中心にライター活動を展開中。K-POPも好きだがAKB48の方が好きという、韓流ライターにあるまじき趣味を持つ。さらに正直に言えば、ローラのほうが好き。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ジャニーズおっかけマップ〈2011〉