ゴシップ

長澤まさみとは100%ない?「我慢したくない」「家事をしてくれるのが愛情」とのたまう伊勢谷友介の結婚観とは

【この記事のキーワード】
『Gainer 2013年 11月号』光文社

『Gainer 2013年 11月号』光文社

 7日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演した俳優の伊勢谷友介(38)。同番組で自身の結婚について話が及ぶと、彼は「僕の周りにいろいろな現実を抱えている人が多くなってくるじゃないですか。その時にどんどん遠のいていく感じがします」と、結婚に対して消極的な姿勢を見せた。確かに、周囲にいる夫婦から話を聞くごとに「結婚めんどくさそうだな~」という気持ちになるのはわからなくもないが……。

「(僕は)我慢がしたくないんですよね」
「2週間に1回、掃除の人に来ていただけて、やることを言ったらやっていただける。そっちの方が人生リスクはないんじゃないかと」

 と、結婚で生じるデメリット(我慢)を回避してハウスキーパーを利用するライフスタイルを明かす伊勢谷だが、一方で恋愛や結婚の相手となると、「食事を作ってくれたり掃除をしてくれたりするのが愛情だと思っている」。結婚してもハウスキーパーを雇えばお互いに我慢しなくて済み効率的だと思うのだが、そう理解していても「愛情の測り方」の指標を変えられないということだろうか。

 こんな伊勢谷の結婚観に、ネット上では「相手に思いやりを持てなさそう」「奥さんを家政婦だと思ってる」と反発の声が続出。しかし、一方では「結婚に向いてないと自覚してるだけいいんじゃない」「ここまで公言してるならある意味誠実」と支持する意見もあり、賛否両論だ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

イギリス人はおかしい―日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔 (文春文庫)