連載

紗倉まながイチオシする「王道体位の楽しみ方」!

【この記事のキーワード】
manacyan091001

祝☆『龍が如く』出演決定~!パチパチッ

 ほとばしる汗も引いてくる秋。秋、秋に突入しました! 秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツ(エッチ)の秋、性欲の秋とかかな? と思っていました。

 しかし、先日インタビュアーさんが「まなちゃん、秋と言えば『青姦の季節』ですが……」と唐突に話題を切り出されたのです。「なるほどなるほど。21世紀にもなると『秋と言えば青姦』という発想になるのか!」と大変驚いてしまいました(赤面)。夏は蚊がいるし、冬は寒いし、春は花粉が飛んでいるし、環境的にも「やっぱり青姦といったら秋でしょ♪」という結論になるのでしょうか? そう聞くとさらに良い季節に思えるなあ……秋(白目)。

 さてさて! 今回のテーマは「好きな体位&嫌いな体位について語ろう~♪」でございます! 『四十八手』とはよく言いますが、皆様はどの体位が一番お好きですか?

衝撃的な体位

manacyan091003

オレッち幸せニャン!

 普段「男性とエッチをする時の体位」と聞いてまず思い浮かぶのは、王道の正常位・バック(立ちバック)・座位・騎乗位・側位でしょうか。

 逆に普段あまりすることはないけれど、よく名前を聞く体位といったら「駅弁」。あの、男性が女性を持ち上げてワッショイ! ワッショイ! する体位です。あの体位を成し遂げるのって相当レベルの高い話ですよね……(白目)。とてもアクロバティックですし、男性の足腰に相当な負担がかかるので、「俺の筋肉……ポパイ☆」的なお兄さんでないと非常に難しい体位であるように感じます。

 ちなみに、駅弁……私にとって一番苦手(というか嫌い)な体位でもあったります。

 プライベートで経験したことがないからこそ、撮影で初めて駅弁を体験した時は衝撃的で、「あ……今私、駅弁という体位のお弁当入れ的な立ち位置にいる……うおおおおお!!」だなんて妙な感動を味わったりしていました。AV業界に入らずに華奢なサブカル系男子とばかりセックスしていたら、体験できなかったかもしれない「駅弁」。ごちそうさまでした、ぺこり。

 ただ駅弁をした後は、なんだか長距離を走った後のような横っ腹の痛みが残り……。加えて、セックスというよりもサーカスをしているような感覚になってしまい集中できませんでした。私にはあまり合わなかったようです……(南無)。

1 2

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

妖怪ウォッチ ぬいぐるみだニャン ジバニャン