カルチャー

既婚でも不細工でも顔も素性も知らなくても、恋は自然発火する~静かなるインド映画

【この記事のキーワード】
『めぐり逢わせのお弁当』公式HPより

『めぐり逢わせのお弁当』公式HPより

『めぐり逢わせのお弁当』リテーシュ・バトラ監督

 インド映画といえば、いわゆる「ボリウッド」と呼ばれる、ハリウッドにも匹敵するような大予算を基に、現地ではスーパースターらしい俳優(日本人から見ると普通の中年インド人にしか見えないのだが……)と絶世の美女たちによるド派手な歌やダンスが息つく暇もないほどの勢いで展開されるミュージカル、とにかくゴージャスで愉快な世界、というイメージが一般的なものだろう。

 なので、8月に公開されたインド映画『めぐり逢わせのお弁当』を見たときにはまず最初に、イメージとは真逆の物静かな世界に驚いたのだが、じわじわと感動が押し寄せた。35歳の男性監督が作った、地味だけどキュンとくる恋愛映画だ。

 インドでは「ダッバーワーラー」(弁当配達)なるサービスが一般的らしく、妻が作ったお弁当をお昼前に配達人が家まで取りにきて、主に旦那の職場まで持っていってくれるのだそうだ(なぜ朝から自分で持っていかないんだろう……、という疑問は抱いてはいけない。冷めても美味しい、が通用しないのかも)。配達人は同時に幾つものお弁当をピックアップし、電車やバイクでいろんな場所に届けるのだが、それが誤配達される確率は600万個に一度、と、かなり完成度の高いシステムとして機能している。

 そんな国で、平凡な主婦が夫のために作ったお弁当が、別の人に届いてしまったことから、この物語が始まる。

 可愛い娘はいるけれど、家庭にはまったく興味のない夫との生活に、限界を感じている若い女。妻に先立たれたあと、人付き合いもほとんどせず、数日後には定年退職日を迎えるという初老の男。お弁当が間違って届いていることに気付いたふたりは、弁当箱に短い手紙を残し合うことでコミュニケーションを取り始める。

 顔も年齢もまったくわからないふたりだが、女は手紙の相手に心惹かれ始める。夫はお昼に届いたお弁当が妻でない誰かが作ったものだとも気付かないほど自分に関心がないのに対し、手紙の相手は、その日の味や内容に細かくコメントしてくれるだけでなく、生活の悩みにまで優しく応えてくれる。一方の男も、手紙のやりとりによって、わずかながら日常生活に希望を見出しはじめ、周囲との関係が変化していく。

1 2

gojo

1979年生まれ大阪出身、立教大学社会学部社会学科卒。2005年より自身のサイト「gojo」にて映画日記を執筆、2010年には蓮實重彦、黒沢清『東京から 現代アメリカ映画談議』(青土社)の出版記念トークイベントにてインタビュアーをつとめた。「森﨑東党宣言!」(インスクリプト)に寄稿。gojogojo.comで映画日記を更新中。

gojogojo.com

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

きっと、うまくいく DVD