ゴシップ

過熱する江角マキコ報道「被害妄想」「パパ友を誘惑してた」

【この記事のキーワード】
『もう迷わない生活』集英社

『もう迷わない生活』集英社

 ブログでママ友からのいじめを告白したことが発端となり、自身の元マネジャーが長嶋一茂(48)宅に「バカ息子」と落書きをしていたことまで明るみになるなど大騒動の渦中にいる江角マキコ(47)。

 その後、ブログで落書きの件への関与を否定しつつ謝罪した江角だったが、一連の騒動が原因で彼女の長女が転校したとの情報や、件の元マネジャーが勤務先を退職したとの話もあり、続報が途切れない状態である。

 そんな彼女に、またしても新たな疑惑が噴出した。江角の元マネジャーが落書きをした原因は、長嶋の妻率いる“反江角派”が江角に対していじめを行なったからとされている。しかし、そもそも江角の被害妄想やパパ友への誘惑で迷惑を被っているママ友がいたと、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 その記事によると、江角は自身の息子が名門私立小学校の受験を失敗したのは、反江角派が「江角はマイナスな存在である」と綴った上申書を同校に提出したためであると思い込んでいたが、実際にそのような事実はなく、江角側の“被害妄想”だという。また、江角は運動会の時にパパ友に「息子さん、足がお速いんですね」などと積極的に声をかけ、保護者の飲み会が開かれた日にはパパ友は彼女にデレデレだったとか。そんな江角の態度に我慢がならなかったママ友もいるとのことだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

モンスター・ペアレント猛語録 理不尽なクレームをいなす一言89 (スマートブックス)