ゴシップ

勃起クソメールの正体は「性欲」じゃなかった!?

【この記事のキーワード】

桃山商事のクソ男撲滅委員会

「今からって時間ないよね?笑」(23:05)

 先日、新宿ネイキッドロフトで「恋のクソメール大賞」というイベントを開催しました(概要は前回の記事をご参照いただけると幸いです)。

 クソメールとは、男たちから届くしょーもないメールやLINEのこと。大して仲良くもない男からいきなり送られてくる“ワンチャン狙い”の連絡や、元カレから送られてくる未練がましいポエムなど……とにかく「受け手がクソだと感じた時点でクソメール!」という定義の元、女子のみなさんから約200枚のクソメールを“スクショ(=スクリーンショット)”で収集させていただき、それを会場で観賞するという性格の悪い企画を実施したのです。

 今回はその一部を紹介しながら、「男たちはなぜクソメールを送るのか?」という問題について考えてみたいと思います。

 

半勃起メールですね

帰れよ。

 例えばこれは、独身女性のUさん(27歳)からいただいたLINEのスクショです。相手は合コンで知り合い、その後1度だけ2人で飲みに行ったことのある男性。そんな浅い仲の人から、23時05分という深夜帯に「今からって時間ないよね?」の連絡が……。って、もう見え透いてますね。終電逃して泊まっちゃおうという“ヤリ目”が、スッケスケに見えています。

 Uさんもそれは即座にわかったようですが、相手男性は合コンの幹事である先輩の友達。そんな人間関係のしがらみもあって無下に扱うこともできず、やんわりと断り文句を返信したら……

なんで「一緒に入れる」前提?

なんで「一緒に入れる」前提?

 こんな気持ちの悪い返信が! 一応ノリ良く対応していますが、Uさんの背筋には激しい悪寒が走ったそうです。もはや「キモい!」のひと言しかないわけですが……ここにはクソメールを考える上で重要な2つのポイントが隠されています。

1 2 3

桃山商事

二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット「桃山商事」。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。コンセプトは“オトコ版 SEX AND THE CITY”。著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が発売中。

@momoyama_radio

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)