連載

恋愛や結婚における最強の武器は「片付け」かもしれない

【この記事のキーワード】

asukatitle001

見た目もそれなりに美しく、男性からのお誘いも日々絶えないのに
特定のダーリンが出来ず、酔っ払うと「アタシ、一生独りかも知れない……」
なんて不安を漏らしてる女性を見かけることはありませんか?

もしくは、あなた自身かもしれません。
そして、見た目はともかくワクタシもそのひとりだったわけです。

彼女たちの共通点は、自分のことでいっぱいいっぱいなところ。
とはいえ、「仕事やプライベートが何かと忙しい人」という意味ではなく、
「自分のことしか考えられない人」。

遊びの相手や、週に1回会うか会わないか程度の彼氏だったら
連絡をちゃんと取ったり、会った時に愛情を注いであげればいい。
しかし、同棲や結婚となると、
相手に対する思いやりが、より一層必要となってくるのだ。

「彼氏出来ない」「結婚できない」などと言っている女性の中には
「思いやることが面倒くさい」と思い行動しない人もいるはず。

同棲や結婚に向けて、お料理教室に通い胃袋を掴もうとする人も多いと思うが、
実は「お料理」と同じくらい「片付け」も重要だということはご存知だろうか?

Photo by Charlotte Bramley from Flickr

Photo by Charlotte Bramley from Flickr

物心ついた頃から先生に「お道具箱を整理しましょう」と言われ片付けを促されていたし、
母親には「部屋を片付けなさい!」など怒られた記憶もある。
素直に聞いていれば『お片づけが得意な素敵な女の子』になるはず。
しかし私の場合は、さすがに『生もの』や『食べ残し』や『ゴミ』などを放置したりはしないが
片付けなくても、何がどこにあるかは理解できていたし、
『使ったらすぐしまう』ことよりも『手に届く場所にあったほうが便利♪』という考えを優先し
よく使うものは机の上に置いてあることが多いタイプ。
一見片付いていないように見えても、私にとっては生活しやすい空間なのだ。

しかし、この行動は『同棲相手の生活の邪魔をしてるかもしれない』と気づいた。
「自分のことでいっぱいいっぱいな自分を変えなくては!」 と感じた瞬間だったのだ。

それまでは正直、「整理整頓をして人生をときめかそう♪」という本を見つけても
「何言っちゃってるの?」「他に趣味ないの?」なんて思っていた。
それどころか、胸を張って「片付けが苦手です」と相手に伝え、片付けさせていた。

1 2

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

つれづれふたり暮らし