ゴシップ

岡村隆史、超卑屈。「そらモテへんわ」と言いたくなる自己中な恋愛観

【この記事のキーワード】
『KING 2008年 05月号』講談社

『KING 2008年 05月号』講談社

 いつのまにか、モテないキャラが確立してしまったナインティナインの岡村隆史(44)。20代の頃は女性人気のかなり高い芸人の一人だったように思うが、他の芸人たちが結婚し家庭を築いていく中、特定の恋人がなかなか出来ない岡村は淋しく感じることもあるようだ。つい先日、キャイ~ンの天野ひろゆき(44)とフリーアナウンサー・荒井千里(31)の結婚披露宴が開かれたが、岡村は頑なに出席を拒んだことを10月9日放送の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で話していた。

 岡村は天野から送られてきた結婚式の招待状に「欠席」印をつけたうえ「絶対に行きません」と一筆記して返送。それでも天野本人からはLINEで何度も「ギリギリまで待ってるから」「来て欲しいなぁ」と誘われていたという。式の前日にも新郎の天野は「明日、雨降りそうなんだけど、来てくれないかな」と送信、当日の朝にも再度「雨なんだけど、来てくれないかなぁ」と送信、さらに式が終わってからも二次会の誘いで「夜7時からまたパーティーやるから来てくれないかな?」と送ってきたそうだ。

 それでも頑として「行かへんよ」と拒み続ける岡村に、天野はいきなり、自身の上半身裸の写真を添付してきたという。その写真を見て、岡村の絶望感は頂点に達した。というのも、ぽっちゃりイメージの強い天野だが、あのライザップのダイエットでマイナス10kg以上の減量に成功し、今では腹筋が割れているほど絞れているという。それを見せつけられた岡村は「挑発的な写真が送られてきた」と受け止め、「もう、悲しなってきて」、結局、祝いの席にはまったく参加しなかった。天野に対して「おめでとう」と祝福の言葉もかけていないという。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

その後どうなる?―例えば、我慢したオナラはその後こうなる! (KAWADE夢文庫―笑撃の大愚問本)