連載

「こんな女は結婚できない!?」さとう珠緒も納得の目から鱗の婚活術

【この記事のキーワード】
さとう珠緒オフィシャルブログより

さとう珠緒オフィシャルブログより

 10月14日に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、「世の中うまくいかないことだらけ、しかし、そこには必ず“法則”がある。その法則とは、圧倒的な経験値を誇る賢者のみが知るもの」と謳った「語って!ケイケンジャ~うまくいかない人の法則~」というコーナーが盛り上がっていた。

 今回、“ケイケンジャ(=経験+賢者)”として登壇したのは、作家・水野敬也氏。2007年に出版した、偉人たちの成功例から導き出した成功する法則を説いた小説『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社)が、累計250万部を超える大ヒットを記録した人気作家である。

 その水野先生が新たに“画期的な法則”を導き出した本、その名も『スパルタ婚活塾』(文藝社)が話題になっているそうだ。なんでも著者自ら500人を超える男女に取材した、リアルかつぶっ飛んだ婚活術を展開しているとのこと。

 水野先生は作家活動だけに留まらず“恋愛体育教師・水野愛也”として『スパルタ恋愛塾(ソフト編・ディープ編)』(ポニーキャニオン)という恋愛マニュアルの講演DVDまで発売し、一万人以上の結婚できない男女を直接スパルタ指導してきたのだとか。

 現代の婚活問題に対して精力的に活動している水野先生が“ケイケンジャ”として『ノンストップ!』に降臨し、「こんな女は結婚できない!」というテーマを掲げた集中講義が始まった。

結婚できない女の三つの法則

法則①「ガールズトークで男の話をする女は結婚できない」

 むむむ!? 年頃の女性たちが集まれば、かなりの確率でトーク中に少なからず男性の話題が出て来るであろう。この日、「結婚できない女性」代表(?)としてゲスト出演していたタレントのさとう珠緒(41)も、

「ガールズトーク大好きです! 女子会よくやりますからねぇ♪ ほとんど男性の話ですよ、テーマは。みんなそうじゃないですかね~?」

 と、女子会にて日常的に男性についてのガールズトークが繰り広げられていることを楽しそうに主張。すると、水野先生は「これは非常に良くないですねぇ」と難色を示し、

「(男性について)しゃべればしゃべるほど結婚が遠のくと考えて問題ないです」

 と苦言を呈したのだった。な、なんですと!? 先生の思わぬ発言に珠緒さんを始めスタジオ中がザワついていた。水野先生いわくガールズトークでは、彼氏自慢だったはずの嬉しいエピソードが女友達からのダメ出しを受けると、それに乗っかって彼氏を批判してしまうなど、のろけようとした恋愛相談がいつの間にか彼氏へのバッシングに変わっていることがあるのだとか。

 本当はいい彼氏と思っていても、友達に「その程度の男しか捕まえられない」と思われたくないがために、女性は自分でハードルを上げてしまうらしい。そのせいで “結婚できない”のだとか。こんな困ったカラクリを目の当たりにしたMCの設楽統(バナナマン)は、「ガールズトーク最悪ですねぇ」と本音をボソり。すると水野先生は、

「男の人を敵にして、みんなでツッコミをすることで女性同士の絆は深まるかもしれないが、男性を値踏みし続けることでストライクゾーンがどんどん狭まってしまう」
「彼氏との関係をのろけようものなら、ガールズトークの二次会でその“のろけ女性”が攻撃対象になってしまう」

 と、悪循環スパイラルの仕組みを解説していた。水野先生はこれを打破する方法として、「目の前にいる女性を褒めることで、男性に対する悪口を減らしていく」という案を挙げていた。なるほど、男性はひとまず追いやって女性同士お互いを褒め合うという“すり替え大作戦”で乗り切るってわけか。う~ん、これはこれで、なんだか白々しい感じもしてしまうのだが……。

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ゼクシィ首都圏 2014年 11月号