カルチャー

恋人でも愛人でもない、「セフレ」のプライドとは

【この記事のキーワード】
Photo by yourmywonderwall from Flickr

Photo by yourmywonderwall from Flickr

 セフレ。セックスフレンド。それって、どうやってなるのだろう?

 「今日からセフレね☆」と約束してなる場合もあるかもしれないし、正式な恋人として付き合っているつもりが気付いたらセフレだった、というケースもあるかもしれない。

 そんなセフレの理想的(?)な在り方を描き大ヒットとなった湊よりこのデジタルコミック『セフレの品格(プライド)』が、『S-friends~セフレの品格~』として単行本化し、発売された(既刊6巻)。

 主人公の抄子は36歳。20歳のときに結婚し、出産を経て離婚。28歳で再婚するもまた離婚し、現在はバツ2だ。非正規社員として働きながら高校生の娘を育てている。「相思相愛の男以外とセックスなんてとんでもない!」という貞操観念を持っていた抄子だが、高校の同窓会で再会した元同級生の一樹とはずみでセックスをしたら、これがありえないほど気持ち良かった。ちなみに抄子が誰かと体を重ねるのは実に4年ぶりのことだった。

 あまりの肉体的相性の良さに、一樹から「割り切って身体だけの関係を楽しもう」と提案された抄子は、抵抗感を覚えつつ、生まれて初めての「セフレ」関係を継続するようになるのだが――。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

S-friends~セフレの品格~(1) (ジュールコミックス)