連載

V6の中ですくすく育った、三宅健のルーズでフリーダムな生き方

【この記事のキーワード】
ken1023

「え~、しょうがなくない?」

 10月15日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の、「ホンマでっか!?人生相談」コーナーにV6の三宅健がゲスト出演していた。イレギュラーに放送されているこのコーナーでは同番組でお馴染みの個性的な評論家の先生方が、ゲストのお悩みを様々な方向から分析して解決策を提案していく。

 今回、相談者として訪れた三宅くんはMCの明石家さんまと久々の再会だったようだ。彼が現在35歳だということがわかると、三宅くんの若々し過ぎる見た目とのギャップにスタジオ中が騒然となった。確かにとても35歳には見えず、学生服を着て高校生役を演じたとしても違和感はあまりないような気がする。

 さんまちゃんも、しばらく会わないうちに三宅くんがすっかり大人な年齢になっていたにも関わらず、落ち着きのない少年っぽさ丸出しの状態を維持していたのが心配になったのか、「しっかりせえよ、お前~!」と、初っ端からたまらず喝を入れてしまうのであった。

 そんな三宅くんが現在本気で悩んでいるのは「時間にルーズ過ぎるのを直したい」ということだそうだ。重々しい表情で、

「人の5分が、僕の5分と違うみたいで、どうにも……」(オヨヨ!?)

 と語り出した三宅くんに「いや、同じだよ!」とマツコ・デラックスから速攻ツッコミが入ったのと同じタイミングで、視聴者からも総ツッコミが入ったことだろう。悲しいかな、時間はみんなに平等に流れているのである。

 悩める三宅くんに対して評論家の先生方によるカウンセリングが始まった。まずは心理評論家の植木理恵先生から「例えば、どんな時に自分がルーズだと思いますか?」と質問されたのだが、三宅くんは不思議な回答をしていた。

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

携帯型振動式目覚まし時計 ソニックシェーカ