ゴシップ

「男のどこを見ると興奮する?」下ネタ動画で恐喝されたイ・ビョンホンの今

【この記事のキーワード】

 今やブルース・ウィリスと肩を並べるワールドスターが20代のアイドルに恐喝されるという、前代未聞の事件で注目されたイ・ビョンホン。最初の報道から2カ月近く経った現在も、韓国では連日、彼の名前が芸能ニュースを賑わせている。

 恐喝のネタになったのが〈下ネタ動画〉。イ・ビョンホンが20代のアイドルとモデルと酒を飲みながらエロ話を連発し、その様子を隠し撮りされたのだ。

「ねぇーねぇー、君の初Hって何歳だったの? どうだった? 痛かった?」
「男のどこ見ると興奮する? 恥ずかしがらずに言ってみなよ」

 と言ったとか言わないとか……。

 ビョンホンがあのやらしい顔で、あのやらしい声で、若い子相手にエロ話! 申し訳ないが、意外でもショックでも「うそ、やだ、信じられな~~~~い」でもなんでもない。どんな表情して言ってるのかまで容易に想像できてしまう(笑)。が、とにかくその〈下ネタ動画〉で相手の女子2人から50億ウォン要求されていたことが明らかになり、大騒動に発展したのだ。

 スキャンダル王のイ・ビョンホン。これまでにも女性問題で裁判沙汰になったこともあるなど、この手の話題やウワサには尽きないが、不思議とその人気は衰えることがなかった。しかし今回の件に関しては世間の反応がかなり違っている。女優で12歳年下のかわいい嫁がいるにも関わらず、女遊びをやめることなく、若いねーちゃんの家に遊びに行き、おっさん丸出しの卑猥発言を連発した彼に対し、世間が拒絶反応を示している。ま、彼も被害者っていえば被害者なのだが……、世間の目は冷たい。

妻との関係にヒビも…

 韓国のポータルサイトDAUMでは、彼の広告中止を求める署名運動が行われ、「イ・ビョンホンが登場する広告を見せるな」「不快」「顔見るだけでも気持ちが悪い!」と、24日間で1万1697人が署名した。イ・ビョンホンが自筆の手紙でファンや家族に謝罪をするもブーイングはおさまらず、ネットでは彼のドラマ・映画の出演停止や引退を求める署名運動まで行われた

 イ・ビョンホンは12月に新作映画『侠女:刀の記憶』の公開を控えていたが、今回の騒動により公開が来年1月に延期された。これだけではない! 同じ映画の公開日変更により、まったく別の作品『無頼漢』(イ・ビョンホンとは無関係)までも当初1月から2月の公開が、3月から4月に変更されることが明らかになり波紋を呼んでいる。

 ちなみに妻のイ・ミンジョンは騒動以降、2人で暮らす新居を離れ実家に戻った。

KOREA61b

 イ・ビョンホンは10月20日、カリフォルニア観光庁の広報大使などの仕事があり、やつれた姿でアメリカへ旅立ったが、その翌日のネットニュースには関係者のコメントとして「イ・ビョンホン夫妻は離れている間にお互いへの信頼を深めた」など関係が修復したと書かれていた。

 さてさてこれからどうなることやら。イ・ビョンホンにとっても、妻のイ・ミンジョンにとってもまだまだ辛い日々は続きそうだが……。

 

本文中の写真=嫁、かわええ〜。イ・ミンジョン公式サイトより

今週の当番=韓美姫(かん・みき)
先日スーパーで買い物中のペ・ヨンジュンに遭遇。顔がまん丸、体も少しぽっちゃりしてたから二度見しちゃいましたけどww

backno.

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

韓国雑誌 Lofficiel Hommes (月刊) 2014-09月号COVER:イ・ビョンホン★日本語翻訳 (Lofficiel)