インタビュー

「セックスの優先順位は低い」独身正社員・フツメンの性欲/三河さん(仮名・30)

【この記事のキーワード】
Photo by jk.jkitan from Flickr

Photo by jk.jkitan from Flickr

 

 前回、自他共に認める“クズ男子”、広告代理店にお勤めの日高さんにご登場いただきましたが、コメント欄でも批判の嵐でしたね。そんな日高さんから、「俺の部下でモテない男がいるからインタビュー用に紹介するよ~。ヤリチンリア充の話ばっか聞いてもしょーがないっしょ?」とご親切にアラサーの下の中男子(自称)・三河さんを紹介していただきました。確かに見た目はフツメン(中肉中背・姿勢やや悪し)の部類に入る三河さんですが、彼はどんな「性」の価値観を持っているのでしょうか?

正社員になりたかったんです

三河啓二さん(仮名)
年齢:30歳。独身
家族構成:一人暮らし
自宅間取り:1K(アパート?マンション?/賃貸)
職業:広告代理店勤務

 三河さんの容姿は本当に普通過ぎて芸能人のたとえが思い浮かびません。えーと、カピバラに似ていると思います。ご本人もそうおっしゃっていました。

Photo by Pagnobito from Flickr

Photo by Pagnobito from Flickr

――日高さんから、「俺の後輩で、結婚願望がメチャ高まってる男がいる」と紹介されたのですが、結婚願望が強いんですか?

三河「そうですね、最近そうなりました」

――なんで結婚願望が最近高まってるんですか?

三河「仕事に対するモチベーションが下がり始めたっていうのが一番の理由ですね。僕、つい2年ほど前に今の勤務先に正社員として入社したんですけど、大学卒業してから数年間はずっとフリーターだったんですよ。で、お金もなくて貧乏でした」

――今は固定給や社会保険によって、生活が安定したんですね。ちなみに現在のお給料はおいくらほどですか?

三河「年収400~500万の間くらいです。あまり贅沢するタイプじゃないので、僕はそれで自由気ままに暮らせるし、ちゃんとした部屋も借りれるし、飲みに行ったりも普通にできていて。最近、少しだけ広い部屋に引っ越しもできたんです」

――以前は家賃いくらのところに住んでいたんですか?

三河「6畳の1K、駅から徒歩10分で5万5千円でした」

――今は?

三河「駅徒歩4分の、広めのワンルームに引っ越しました。家賃は7万6千円です」

――いずれも東京都内ですよね。

三河「はい。前の家だと、通勤に片道1時間かかってたんですけど、今は20分に短縮できました」

――で、給料に満足しているから仕事のモチベーションが上がらなくなったんですか?

三河「広告代理店で正社員になるっていうのがひとつの目標だったんです。その目標をひとまず達成したので、徐々にモチベーションが下がってるなっていう」

――う~ん、「その仕事に就く」ことが目標だったんですね。そしたら次は仕事で何をやっていくか、を楽しんだ方がいいようには思うのですが……まあいいや、でもそこでなんで「結婚したい」になるんですか?

三河「現状に満足しているので、誰か一緒に喜んでくれる人がほしいんですよね。そのほうが働きがいがあるというか」

――何を喜んでくれる人?

三河「一緒にご飯食べたり、一緒に遊んだり、一緒に暮らしたっていうことで、その人が喜ぶんだったらもっと上のモノをあげたいなっていうのが結構モチベーションに繋がるのではないかなと。自分の物欲も最近なくなってきたので、相手にモチベーションのもとになってもらいたいなっていうのが一番ですね。うまいもん食いに行ったりとか、ちょっと良いホテル行ってみたりとか、旅行行ってみたりとかすることで、喜んでもらえるなら頑張れるな、と」

――それって、女性側にとっては「喜ばなくちゃいけない」っていうプレッシャーになったりするかも……とも思うんですが。っていうか、恋人じゃだめなんですか?

三河「もう30歳ですし、誰かと付き合うなら結婚を前提にしたいなと」

――何歳くらいで結婚したいんですか?

三河「35歳くらいまでですかね」

――なんで?

三河「漠然と……まぁ、最近、両親からのプレッシャーもキツめになっているので」

――今は恋人はいらっしゃらない?

三河「最近付き合い始めた子がいます。まだそこまで話は進んでいないですけど。彼女は僕より年上なので、結婚に関してある程度の覚悟はしてますね」

――そうなんですね。その女性とお付き合いしたいなと三河さんが考えるようになった理由を教えてください。

三河「価値観が似てるかなっていうのが一番だと思います。一緒にいて落ちつくというか。恋愛感情もありますけど、昔みたいに“ヤリたい”みたいな気持ちはほぼなくなりつつありますし」

――年齢と共に、性欲そのものが薄れましたか?

三河「薄れてはいないんですけど、その人に対して性欲はあまり持たないというか。無理矢理やろうとも思わないし。自分でも考えたんですけど、これ、僕は昔から好きな女でオナニーできないんですが、それと一緒なんじゃないかなっていう。何なんですかね。オナニーのオカズにしちゃうとその子が汚れるとか、思ったりするところもあって」

――そうなんですね。もし仮にですが、その女性と交際して結婚して、となったとして、性欲自体がまた上昇した時に、三河さんはどう発散すると思います?

三河「自分でやるんじゃないですか。一人になった時にビデオボックスとか行って、AV見て」

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アイアップ ファスナー付ハンカチ KAPIBARASAN ドットポーチ カピバラさんベージュAD