連載

俺を楽しませろ! という男の欲望がぎっしり詰まった【射精するバイブ】

【この記事のキーワード】
momoco68a

己の性器も精子も大好きな男たち。 Photo by Keiran Morris from Flickr

 先週のコラムでは「女性のオーガズムはガチでも演技でも、それだけで男性にとってはエンタテインメント」という結論にいたりました。「俺はほんとうにイッているのかどうか気になるよ」という声も届きましたが、ここには「俺が本当にイカせているのかどうか」が多分に含まれているように見えます。

 そこで思い出したのが、以前に某雑誌で読んだアンケートです。男性が「女性にベッドで言われると嬉しい台詞」という内容で、1位は何だったのか忘れてしまいましたが、2位が「こんなの初めて~♡」でした。

 出た、接待用語! と、それを見た瞬間に思いました。オトナになって経験を積むほど、〈初めて〉は減っていくのは当然のこと。セックスでもそれは然りで、よほど強烈な体験でないと「こんなの初めて~♡」は出てきません。でも、男性のなかに「俺がその初めてを経験させてやった」と思いたい輩は多いんですね。処女は無理でも、処女性はほしいといったところでしょうか。女性側もそれをよく知っているので、彼を悦ばせるためにウソでこの台詞を口にするのもお約束です。

 えー、それって白々しくない? 私だったらかえって引くなぁと思ったのですが、その誌面には「ウソでもいいから、言われると嬉しい」という意味の男性のコメントがあり、心底びっくりしました。ウソとわかっていても、嬉しいって……。私もお世辞とわかっていながら顔がにやけることはありますし、昔は〈幇間〉〈太鼓持ち〉というのが職業として成り立っていたくらいですから、その人の本心はともかく持ち上げられると悪い気はしないっていうのは、人の情にある程度、共通するものなのかもしれません。

接待はほどほどに!

 でも、心身ともに素っ裸になって、他の誰ともしないセックスというコミュニケーションを交わしているときに、そんな〈見え透いた接待〉をするのが、素敵なことだとはやっぱり思えません。しかも、それを一方的に求められるのはイヤ! 男性から逆に「こんなの初めてだよ♡(ほんとは初めてじゃないけど)」と接待されるのも、ノーサンキューです。

 そういう男性っていきつくところは、「ウソでもいいから、イッてみせてほしい」だと思うんですよ。1回だけ応えて済むならまだしも、回数を重ねるとアホらしくなるというか、苦痛になるというか、とにかくそんなことを求めてくる男性とのセックス自体がつまらなくなることは目に見えています。先々のことを考える相手とのセックスなら、接待はほどほどにしておくのが賢明ではないでしょうか。

 一方で、女性が男性に「ウソでもいいから、イッてみせてほしい」と思うのは不可能です。当たり前ですよね。男性のオーガズムは射精という〈証拠〉がありますから、いくら「イク、イクーーー!!」と迫真の演技をしても精液が出ないかぎりはバレてしまいます。それゆえ、男性のオーガズムにファンタジーを持っている女性は、まずいませんよね。目で確認できる〈現象〉でしかなく、すなわちエンターテインメントにはなりません。

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

オトナのたしなみ接待・おつきあい入門