インタビュー

オシャレ読モ風ホスト・凰華麗くんとスタイリッシュなホテルデート♡

【この記事のキーワード】
ネオホストFILE No.3:凰華麗(おうか れい)くん♡

ネオホストFILE No.3:凰華麗(おうか れい)くん♡

【すべての写真はコチラ!】

 ホストといえば、どこで売っているのかよく分からないスーツにビジュアル系バンドのようなM字型前髪と盛りヘアー&長い襟足が定番ですが、どうやら今、歌舞伎町を中心にこれまでにない、ジャニーズのように爽やかでモデルのようにオシャレなホストが出現している模様。その名も、「ネオホスト」。

 夜の世界に生きながらもそれを感じさせない彼らには、街のネオンよりも朝の木漏れ日こそがふさわしい——ということで、“夜の新人類”を追うネオホスト調査隊が、彼らの自宅に朝から突撃訪問! 寝起きから着替え、そしてシャワー(!)まで、ホストクラブでは見せない彼らの素の魅力をグラビアとインタビューでお届けしま〜す!

ネオホストFILE No.3
源氏名: 凰華麗(おうか れい)
店舗名:APiTS
血液型:O型
星座:山羊座
好きなブランド:古着
ハマった漫画:『カメレオン』
直近で読んだ本:『羅生門』
好きな映画:『ライフ・オブ・パイ』
好きな女性のタイプ:加藤綾子(フジテレビ アナウンサー)

 第3回は、ネオホストをフィーチャーする雑誌『Y+』(カラークリエイト)の中でも、そのファッション・センスが際立っているAPiTSの凰華麗(おうか・れい)くん。まるで読者モデルのような、古着を使ったストリートカジュアルな装いを、180cmの長身と英国の少年のような顔立ちで着こなす彼からは、ホスト臭が微塵も感じられません! 今回は自宅ではなく、麗くんが泊まっているホテルに潜入。彼とのホテルデートを妄想しながらご覧くださ〜い。

天使かよ

天使かよ

風まかせな天然ホスト

――雑誌で拝見する凰華さんのカジュアルな雰囲気と、「凰華麗」という華麗な源氏名にかなりギャップを感じてしまうんですが、源氏名の由来は何ですか?

凰華麗(以下、R)名前は何でも良かったんで、当時うちの会社にいた内勤さんに付けてもらったんですけど、意味はわかんないですよ。何なんですかね? 多分、「麗」って名前のホストはいっぱいいますけど、それだけじゃ寂しいと思って派手な名字を付けたんじゃないですかね。正直、最初は恥ずかしかったですよ。でも言えないじゃないですか。

――「言えなかった」って可愛いですね。ホストは何年前からやられているんですか?

R 6年前です。20歳になった瞬間に始めました。地元が九州なんですけど、友達が何人か中州でホストをやっていて、ずっと俺もやりたいなって思っていたんです。ある時、ホストが100人ぐらい出てるテレビ番組を見たんですよ。上岡龍太郎が司会だったかな。その番組を見たのがきっかけで、2日後には手持ちの現金8万を持って上京してました。

———2日後って! まるで夜逃げじゃないですか(笑)。その番組でよほどいい話が紹介されていたんですか?「歌舞伎町のホストになるとこんなにスゴい」みたいな。

R いや、特になかったです(笑)。むしろ“ホストって黒いよね”みたいな話でした。ただ、「どうせホストをやるなら歌舞伎町だ」とは思いましたね。

――黒い話だけって……お友達からホストに憧れるような話を聞いていたとか?

R いや、全く聞いてないですね。

――となると、お金のため? お金を稼ぐ方法がいくつかある中で、ホストが1番合ってると。

R はい、お金ですね。お酒も飲みますし。実は、上京して2週間くらいは自動車工場で働いてたんです。これ誰にも言ったことないんですけど。

――え、なぜ?

R う~ん……本当になんとなくですね。これも特に理由はなかったです。何でですかね? 辞めてから、ホスト求人を探し始めました。リストの上から順番に電話して、最初に電話に出たのが今の店だったんです。

――人生、風まかせですね(笑)。適当というか……。失礼ですが、変わってるって言われません?

R「天然だね」とは言われます。

――ご自身で思い当たる節はあります?

R う〜ん。トイレで流すボタンと間違えて、非常用ボタンを押しちゃったりとか、そういうことはしょちゅうですね。後輩からも超バカにされてますもん。この前、天然で有名なホストにも「天然ですね」って言われましたから。

――天然に天然って言われたらホンモノですね(笑)。お店での失敗とかもありそうですね。

R ……昔は時々先輩に怒られてましたね(笑)。

――怒られるって、殴られるとか?

R いやいや、口でちょっと言われる程度です。新人の頃、営業中にガム噛んだりして。わかんなかったんですよね、接客中はガム噛んじゃダメって。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ドン小西のファッション哲学講義ノート (モナド新書008)