連載

密会、壁ドン…ドM代表・まなちゃんがオススメする「萌えシチュエーション」

【この記事のキーワード】
mana1106

横チチに釘付け(なんでこのポーズでこんなに可愛いの…)

 ハロウィンが終わったかと思えば、今度はクリスマスバージョンに染まり始める都内。はあ、こんな感じであっという間に年末になって、年が明けて、初詣して正月太りするんだろうなあ……。なんて思いながら、曇り空を眺めているまなてぃーでございます。とほほ(白目)(白目)(白目)。

 さてさて! 今回はズバリっ☆「好きな人との好きなシチュエーション」について語っていきたいと思います。

どうしてこんなに気持ちいいの?

 付き合ってから萌えるシチュエーションとして、私が声を大にして言いたいのが、壮絶な喧嘩を繰り広げた後の“仲直りエッチ”でございます(照)。

 どうしてこんなに気持ちいいんだろう? と驚いてしまうほど、特別なエッチだなあと思うんです。喧嘩要因が異性関係であったり、壮絶な喧嘩になればなるほど、その後の仲直りエッチもさらに盛り上がるような気がします。仲直りした安堵感と、「もっと深く愛し合いたいな」と求め合う気持ちが強くなって、普段よりも快感が増幅しているように思えるんですよね。

 付き合い初めの時や、お互いのことをさらけ出していない段階では体験できないシチュエーション、「仲直りエッチ」。まなてぃー……大好物でございます(照)。

イケナイコト風シチュ

 好きなシチュエーションは、もうひとつありまして。名付けて“密会風待ち合わせ”でございます。

 例えば、どちらかが実家暮らしの場合など、何かしらの事情があって家に行くことができず、「△△ホテルの○○号室で待ち合わせね」なんて約束して落ち合う――そんなシチュエーション。ドキドキしてたまらないんです。いけないことをしているような後ろめたさが妙に興奮を掻きたてて、「はあ、私たちの関係が濃くなっていく……気がする(溺)」なんて思えるのも理由であったりします。

 あまり多用すると飽きてしまいそうですが、時には「密会風シチュエーション」おすすめです。

1 2

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

きみと壁ドン (講談社コミックス別冊フレンド)