連載

「トライアスロン愛好者の私はもっとモテるべき」、発言小町の「面白い」ランキングが奇妙

【この記事のキーワード】
Photo by Jason Bradwell from Flickr

Photo by Jason Bradwell from Flickr

 発言小町では各トピに投票ボタンが設けられている。「面白い」「びっくり」「涙ぽろり」「エール」「なるほど」と5つのカテゴリに分けられており、読んだ感想を投票ボタンでトピ主に示すことができるほか、それぞれのカテゴリでのランキングも表示され、閲覧者が各ジャンルの人気トピをチェックしやすくなっている。

 今回は発言小町ランキングページトップに表示されている「面白い」投票上位のトピを紹介したい。個人的には「面白い」ランキング入りしているトピはもっとも創作臭いと思っており、「びっくり」のほうが本当に面白いトピが潜んでいるとも思う。はじめから「面白い」ランキング上位狙いで釣りにきているな、と疑わしいようなあざといものも多い。

超絶好条件の男性を逃してしまいました!

 趣味で知りあった男性は一緒に食事に行っても財布に1000円程度しか入っておらず、家もボロボロのアパート。食事に行くたびごちそうしていたトピ主(女)はある日、不満を口にした。すると彼は「誘った方が出せばいい、ある方が出せばいい」「もう食事に行くのはやめよう」と言ってきて、関係が終わった。

 しばらくして同級生の友人から、その彼が実は「財閥の跡取りであること、自らも会社を興し億単位の収入があること、ヒゲは休日だけ伸ばしワザとあの恰好をしていること、アパートやマンション等色々物件を持っていて自由に使い分けていること」を聞かされたトピ主。ただでさえ高身長でイケメンとルックスは申し分なかったのに、惜しいことをした、と後悔しきりだ。再度関係を構築しようとするトピ主だが……中途半端な状態でトピ主レスは止まってしまっている。トピ文も「髪もボサボサボサノバ」という全然面白くない言い回しや「エリートだった同級生」「財閥の跡取り」などフンワリした情報で構成されているところにどうしようもない違和感を覚える。創作確率99%といったところか。

妻がオッサンになりました

 トピ主は28歳男性。27歳妻との間に娘がいる。しかし妻が「妊娠中から身なりをかまわなくなり、化粧はせず髪はボサボサ不思議な格好」になり、体重も増加してきた(157cmの身長で75kg以上)。このままではマズいと妻を食事に誘い服を買いに行こうと言うと、妻は「今は子供のために我慢するべき。子供の手が離れればいつでもいけます」とのお返事。その言い分はもっともだが、ある日、ゴロゴロ寝転がっていた妻の振り返った姿が「電車で見かける40代くらいのオッサンにそっくり」だった、なんとか綺麗になってほしい……という相談。

 追加のトピ主レスも軽快かつ自虐的な文体で、出産後変貌したという妻に愛着を覚えるほどだが、最後のレスで「離婚も視野に入れて考えている」といきなり話が超深刻に。「全く分かり合えなかった。俺は家庭を持ってはいけない人間だったのか」という一文を最後にトピ主のレスはなく、心配するコメントが多数寄せられている。妻の容姿についてかなり面白おかしく書かれていたので、妻本人がこのトピを見てしまったら夫婦としては終わりだろうなとも思うが、まさか……。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

セレブ妻になれる人、なれない人 ― 年収1000万円以上の男性と結婚できる人の小さな習慣