ゴシップ

不倫略奪婚だった!? 脚本家との結婚で羽鳥アナの疑惑が再燃

【この記事のキーワード】
『ヒーロー/明日へ』ドリーミュージック

『ヒーロー/明日へ』ドリーミュージック

 10日、フリーアナウンサーの羽鳥慎一(42)が、司会を務める朝の情報番組『情報満載ライブショー モーニングバード!』(テレビ朝日系)で再婚していたことを発表した。お相手は、今年4月クールで放送されたドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系 ※現在放送中のver.は脚本が異なる)などを手がけた脚本家の渡辺千穂さん(42)で、今年の8月に入籍したという。

 羽鳥は、2012年5月に16年連れ添った前妻と離婚しており、同年8月に知人の紹介で渡辺さんと知り合ったとのこと。その後、同年11月に真剣交際に発展し、2013年4月には一部スポーツ紙に2人の交際を報じられたことも。その際、羽鳥は「すべて事実でございます」と交際を認めていた。

 夫妻は約2年弱の交際期間を経て結婚したことになる。しかし、羽鳥は2013年4月の「フライデー」(講談社)にて、離婚の1年ほど前(2011年5月以前)に人気モデルのMと不倫していた時期があり、その後の2012年4月頃には渡辺さんと手をつないで歩く姿が目撃されていたと報じられていた。これが事実であれば、羽鳥は前妻と婚姻関係にあった頃から2人の女性と不倫をし、結果的に不倫相手の1人だった渡辺さんと結婚したということで、公式発表された“なれそめ”とは矛盾が生じる。ちなみに、人気モデルMは後に人気お笑い芸人と親密になり、羽鳥がフラれたとのことで、2011年11月に千原ジュニア(40)との交際が取り沙汰された舞川あいく(26)との説が濃厚だ。

 結婚というせっかくのおめでたいニュースだが、ネット上では「結局不倫か」「イメージ悪い」と羽鳥への落胆や、お相手の渡辺さんについて「不倫略奪愛を成功させたってことね、おめでとう」との皮肉もあった。新たな人生を歩み出した2人だが、世間の風当たりは強そうだ。

 羽鳥といえば、帯番組である『モーニングバード!』のほか、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)、『人生が変わる1分間の深イイ話』(同)などのレギュラー番組を抱える売れっ子アナ。フリー転向後は宮根誠司(51)や元TBSの田中みな実(27)らが所属するバーニング系列の芸能プロダクション「テイクオフ」に在籍している。元々、日本テレビのアナウンサーだった羽鳥が、フリーになった直後に異例のスピードで他局の帯番組MCに抜擢されたのはこの「テイクオフ」の力添えによるものという話もある。

 しかし、今回の結婚の背景によって彼の好感度が下がる可能性は否定できない。TBSの安住紳一郎アナ(41)とともに「好きな男性アナウンサーランキング」の常連である彼だが、それも揺らいでしまうのか……。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ファースト・クラス (扶桑社文庫)