ゴシップ

アスリートと結婚の中島美嘉、激ヤセ期は体重35kgまで落ちていた

【この記事のキーワード】
『TEARS』SMAR

『TEARS』SMAR

 歌手の中島美嘉(31)が、バレーボール日本代表選手の清水邦広(28)と12月に結婚予定ということが報じられている。2011年の夏から交際しており、これまでも中島が清水の拠点である大阪と東京を頻繁に行き来して半同棲状態にあったようだが、クリスマス前後に正式に入籍するという。

 中島は2001年に歌手・女優デビューしてからすぐに人気が沸騰し、現在も音楽業界内では安定した立ち位置。今月5日には9年ぶりのベストアルバムを2枚同時発売した。年末には日本武道館公演も予定されている。

 しかし一方で、心身ともに不安定な状態が続いていることも公表してきた。「骨と皮だけ」とファンに心配されるほどの激ヤセに、耳の難病である耳管開放症の悪化と治療のための活動休止。実はその当時を、先日18日に出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で中島は振り返っていた。

 医師からは耳の調子が以前のように戻る可能性は低く、「病気とうまく付き合う方法を考えなさい、と言われた」という中島。痩せすぎていた体型も病気の一因となっていたことを明かした。摂食・嚥下障害と呼ぶほどではないものの、病気以前から彼女は「食べることがストレス」というほど食への興味・関心が薄いそうで、不規則かつ非常に偏った食生活を送っていたという。体重は35kgまで落ちていた。身長140cm台の女性タレントが30kg台の体重を明かすことはあるものの、中島の身長は160cm。さすがにどう見ても痩せすぎだったというわけだ。

 医師から「もっと太るように」と指導を受け、中島はわざと太りやすい時間帯に高カロリーの食事を摂取するように努めたり、母親のサポートで少しずつ体調を回復していったという。彼氏である清水選手は1m92cmで98kgと堂々たる体格のアスリート。彼との生活の中で、徐々に食べることの悦びや楽しみを見つけ出していった部分もあるのかもしれない。現在は「いい感じに太っている」と笑顔を見せていた。結婚後も、病気とうまく付き合いながら、歌手活動と夫婦生活の両輪をエンジョイしてほしいものである。
(清水美早紀)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

VOLLEYBALL (バレーボール) 増刊 Vリーグ2014―15 チームの顔 2014年 12月号 雑誌