ゴシップ

鈴木奈々がキスマイ北山を「ブサイク」扱いでファン激怒!!

【この記事のキーワード】
kitayama1203

声が良いらしい。

 ジャニーズタレントに変な絡み方をすると、その担当(=ファン)によってブログコメント欄やSNSアカウント等が炎上する恐れがある。12月2日、鈴木奈々がKis-My-Ft2の北山宏光をテレビ番組内で公然と罵倒したことで、もののみごとにTwitterアカウントが炎上状態になった。

 きっかけは、同日放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)。鈴木は北山に対して、「アナタは舞祭組グループ(=後列)じゃない?」と、一部視聴者も思っていたかもしれない微妙なところを突く一撃を食らわせると、「全然タイプじゃない」「スゴイ嫌いな顔」と嫌悪感をあらわに。共演していたローラは「そんなことない、カッコイイと思う。声とかいいし」と北山フォローに回ったが、鈴木は頑なに北山の“カッコよさ”を否定し続けた。

 さらに、北山と鈴木で「壁ドン」を実演することになったのだが、接近した北山に向かって鈴木が「嫌いです」「近くで見たほうがブサイク」とトドメの攻撃。もちろん番組ではすべてが笑いにつながり、“そういう演出”だったのだろうと思えるが、一部の北山ファンは黙っていられなかった様子だ。鈴木のTwitterアカウントに対して、「キタミツのことブサイクとかいうな」「お前言ってもいいことと悪いことの区別もつかんの?」といった怒りのリプライが飛び交う事態に発展してしまった。

 しかし一方で、「テレビのネタなのに、凸するなんて恥ずかしい」「同じ北山担として鈴木さんに謝罪します」といった冷静なリプライも。あくまで炎上は一時的なもので、現在は鎮静している。

 実際、番組中では鈴木が「ジャニーズさんにこういうことすると炎上する、やばい」とも発言しており、この展開は十分予想していたものだろう。こうしてネットニュースになるところまで含めて、鈴木および番組制作側にとって「想定通り☆」なのかもしれない。
(ピポポ照子)

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 (宝島社新書)