ゴシップ

2014年韓流No.1スキャンダルの主人公、イ・ビョンホンが必死すぎる~!

【この記事のキーワード】
KOREA70a

日本での人気もキープしないと! イ・ビョンホン韓国公式HP

 2014年も残すところあとわずか。今年の韓国芸能界は大物のスキャンダルが目立ったが、中でも特にインパクトが強かったのが、【「男のどこを見ると興奮する?」下ネタ動画で恐喝されたイ・ビョンホンの今】で既報した「下ネタ動画で恐喝騒動」だろう。後日談がまたおもしろい。

 騒動の経緯を簡単に説明すると、今やハリウッドスターとなったイ・ビョンホンが、若いねーちゃんの家に上がりこみ、飲んで騒いで盛り上がって、調子に乗ってエロ発言を連発。その様子をまんまと隠し撮りされ、それをネタに恐喝されたのだ。その額なんと50億(約5億円)! ビョンホンを脅迫したのは、アイドルグループ「GLAM」のダヒと、モデルのイ・ジヨン。イ・ジヨンはビョンホンと3カ月前から交際していると主張したことも話題になった。

KOREA70b

 12月16日、女性2人の公判がソウル中央地裁で開かれ、検察側はそれぞれ懲役3年を求刑。検察側は求刑に先立ち、「イ・ビョンホンさんと容疑者は互いに交際した事実はない」と強調し、さらに「ふたりは初めからイ・ビョンホンさんを金銭恐喝の対象と見て接近した。未遂に終わったものの、罪質が悪質で厳罰に処さなければならない」と付け加えた。

 これで騒動はいったん落ち着いたが、脅迫の被害者であるイ・ビョンホンに対する世間の目は事件発覚当初からいまも変わらず厳しいままだ。

 昨年8月に女優のイ・ミンジョンと結婚したにも関わらず、女遊びがいっこうに収まらないイ・ビョンホン。それどころか、おっさん丸出しの卑猥発言でB級タレントに恐喝されるという情けなさ。そんな彼に多くの女性が嫌悪感を感じ、芸能界引退を求める署名運動にまでヒートアップ。

自ら評判を下げていく

 11月に開かれた第2公判でジヨン側が「彼とは交際している」と主張しカカオトークのやりとりを提示すると、証人として出廷したイ・ビョンホンは、「冗談だった」「覚えてない」などと否定。おいおいおい、そんなの誰が信じるっていうのさ! この発言で、わずかながらも残っていた人気は一気に急降下した。

「世間がもっとも期待しているのは、やはり離婚発表でしょう(笑)」と話すのは、韓国スポーツ誌の芸能記者。

「妻のイ・ミンジョンは騒動の直後、マスコミの取材を避け実家に隠れてました。彼女は怒り狂い、ビョンホンの連絡にもいっさい応えなかったと聞いています。ビョンホンの女がらみの噂は結婚後も尽きませんでしたし、今回の件で彼女が一気に離婚に踏み切るかと思いましたが、どうにか収まったようです。彼女もなかなか強気でワガママな性格ですからね、どうやって納得させたんだろう(笑)。現在は映画関係のスケジュールがあるビョンホンに付いて、彼女も一緒にアメリカで滞在しています」(同記者)。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

REDリターンズ DVD