カラダ・美容

「出生前診断」を考えよう~妊婦とその家族のために正しい知識を~

【この記事のキーワード】

【ヘルスプレスより】

2013年にオープンした「胎児クリニック東京」

2013年にオープンした「胎児クリニック東京」

 2013年4月、妊婦さんの血液を検査して胎児の染色体異常を調べる「新型出生前診断」の臨床研究が一部の大学病院などで始まった。しかし検査を受けられる年齢が出産予定日に35歳以上であること、あるいは費用が20万円ほどもかかることなどもあって、まだまだ限られた妊婦さんしか受けられないのが実情だ。

 さらに、報道では「検査は胎児の選別につながる」という視点だけが強調されることが多く、検査の正しい情報が妊婦さんに届きにくいこともある。1980年代から胎児診断を専門に研鑽し、現在は日本ではめずらしい「胎児クリニック」を東京千代田区で開く中村靖・胎児クリニック東京院長に、「胎児診断」について、妊婦さんやその家族は、どのように考えたらいいのかを聞く。

早くわかれば 早く治せる

「私は、20年以上にわたり、順天堂大学病院に産婦人科医師として勤務し、とくに超音波による『胎児診断』を専門にしてきました。そこには、一貫して『早くわかれば、早く治せる』という考え方がありました。赤ちゃんにとって、誕生は大きな変化のときです。肺で呼吸を始め、胎盤からはずれて自立しなければなりません。病気などがあると、この大きな変化を乗り越えられないことがあります。しかし、あらかじめわかっていれば、帝王切開で取り上げて、すぐに小児外科で手術をする、などの治療ができ、赤ちゃんが元気に生きていくことができるケースが増えます」(中村院長、以下同)

【続きを読む】

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ