カルチャー

「女性の社会進出」に立ちはだかる大きな障害は「理想の母性」か?

【この記事のキーワード】

 これまでママ雑誌やママタレ本などをレビューしてきたが、たまには子育てにまつわる映画について考察してみたい。今回はこの作品。

『おおかみこどもの雨と雪』(2012年公開/監督:細田守 配給:東宝)

『おおかみこどもの雨と雪』(2012年公開/監督:細田守 配給:東宝)

 親に先立たれて天涯孤独な女子大生が、狼男と惹かれあって二児をもうけるも、狼男があっさり亡くなって、シングルマザーとして子供たちを育てるという話。

あらすじ

 東京の国立大(モデルは一ツ橋大学)に通っていた女性・花は、授業中に出会った男性に徐々に惹かれてゆき、恋に落ちる。しかし付き合い始めてから男性は、自分が人間ではなく“おおかみおとこ”であることを花に告白した。それを受け入れた花と“おおかみおとこ”との間には、長女・雪、長男・雨の2人の子供が産まれる。“おおかみおとこ”との子供だったため、産院にも行かず、助産師も呼ばず自宅出産を敢行した。身寄りがなく、妊娠まではクリーニング屋でバイトしながら大学に通っていた花と、引越し屋の仕事で生計を立てる狼男の生活は貧しくも幸せそうであった。突然彼を失い悲しみに暮れるも、夜泣きのひどい乳児と腕白な幼児を抱える花は、子供たちを「ちゃんと育てる」と誓い奮闘するのだった。

 子供たちは父親と同じく、狼に変身することができる“おおかみこども”だったため、部屋で狼になって大暴れするなどなかなかハード。しかもまだ子供なので変身をコントロールできず、唐突に狼ver.になって暴れ出したりする。雨の夜泣きにはアパートの隣人が怒鳴り込んできたり、姉弟の遠吠えに大家からは「動物を飼うな!」と叱られたり、果ては出産後の検診や予防接種などの実績がないせいで、児童相談所に虐待を疑われるなどして、花は都会での子育てに見切りをつける。また、花には“おおかみこども”たちが将来「人間か、おおかみか」自分たちで選べるように育てよう、という思いもあったようだ。

 狼男と縁があるらしい超~山あいの村に引っ越し、ほぼ廃墟のような一軒家を借り、自力で家をメンテナンスしていく花。旦那(入籍していたかは不明だが)の残した貯金を切り崩す生活なので、「節約のため」に家庭菜園にもチャレンジ。最初は村人から好奇の目で見られ助けも得られなかったが、徐々に周囲も花を認め、農業のアドバイスをしてくれるようになった。

 そんなこんなで、苦労しながらもひたむきに真面目にふたりの“おおかみこども”を育てる花。子供たちも大きくなり、次第に自分たちが「おおかみ」か「人間」か、どちらとして生きていくのか、考えるようになる……。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)