カラダ・美容

7割が体験済!? 使うだけでHがもっと気持ちよくなるバイブとは

【この記事のキーワード】
LCコスメ/ナチュラルプランツ

気持ち良くなりたい!

 いつセックスしても最高に気持ちイイ。また、セックスで毎回イケるという女性読者さん、いらっしゃいますか?

 コンディション(体調)の変化や相性、相手との関係性、その時のお酒の酔い具合などなど、セックスには様々な要素が絡み合います。そのため、「トロけるぐらい気持ちイイ♪」ジェットコースター級の絶頂気分を味わうことが出来る回ばかりではないのが普通かと思われます。最中に内心(もっとココをこうこうこうしてほしいのに……あん、そこじゃない!)と思っても、うまく伝えるのは難しいものです。仮に伝えたとしても、感じるところをピンポイントで、しかも気持ち良い絶妙な圧力で突けるテクニシャンな男性もそうそういませんよね。

 あーあ、オナニーでなら毎回イケるのに……という方、実は少なくないんじゃないでしょうか?

 実際、生まれた時から慣れ親しんだ自分自身のカラダを一番知り尽くしているのは自分です。快感ポイントを熟知し、敏感な場所を絶妙な圧で触れることができるのもやはり自分なのです。だからこそ、オナニーは一度覚えると病みつきになりがちなのですが、そろそろ指だけでは物足りなくなってきた……というときには、ラブグッズを使うといっそう感度を上げることができますよ。そんなラブグッズ未体験者に、オススメのファーストバイブがあります!

ぷにぷにソフト&大きめクリバイブ

LCコスメ/ナチュラルプランツ

満足ですか?

 バイブヴァージンが声を揃えて憂うのは、あまり気にしても仕方ない心配がほとんど。

・本当にバイブで感じられるの?
・なんだか使うのが恥ずかしい
・ちゃんとイケるのかな……?

 未経験者は、バイブレーターにこんなイメージを抱いているようです。バイブを使うこと自体、以前は「恥ずかしいこと」だという認識もありました。しかし時代は変わったのです。実はセックスの最中にラブグッズを使うカップルも増えており、バイブ初心者に使いやすくて可愛いグッズも開発されているのです。

 柔らかい触り心地で肌に馴染む素材感、亀頭部分は小さめで膣内の敏感スポットを探すのにちょうどいいサイズ、一方、大きめのクリバイブはクリトリスにしっかりフィットしてズレにくい! そんな「女の子がホントに欲しかったバイブ」、それがLCラブコスメの『スカイビーンズ』です。

LCコスメ/ナチュラルプランツ

じぁぁぁ~~~ん

 ラブホテルなんかで、カッチカチプラスチックのピンクローターを見た経験はありませんか? あんまり、自分の部屋では使いたくないなあ、なんて思ったり。実際に肌にあててみると、硬いし、震えすぎで(笑)クリや乳首からすぐに逸れてしまったり、ヴイーーーーーンとうるさい振動音がしたり……。でも、清潔感のある空色がかわいい『スカイビーンズ』は、「柔らか・静か・気持ちイイ」。モーター音の気にならない静音性システムで、素材ももっちりプニプニ柔らかい。亀頭部分が細いタイプなので、膣への挿入がスムーズなうえ、先端が尖っているためGスポットを狙い撃ちするのに最適です。

 だからと言って、いきなり突っ込んだらもちろんダメ。まずはクリバイブのスイッチをONにして、クリで振動を味わってみてください。だんだんエッチな気分が高まってきたら、付属のローションをとろっと塗ってみて。先端を優しく膣口付近にこすりつけているうちに、ヌルッと中に侵入して……まだまだ、バイブスイングのスイッチは入れずに焦らしてみましょう。ゆっくりピストンしたり、膣壁をこすってみて、感じる場所を探しながら楽しんで。同時にクリバイブの柔らかなイボイボ部分でクリが刺激されて、「もっと、もっと……」と貪欲な気持ちが溢れてきたら、いよいよスイングスイッチON!! 好きなだけ気持ち良くなってください。

 商品レビューでは『ゾワッとする感覚が体を突き抜け、クリバイブもオンして夢中で動かしているうちにイってしまいびっくり』と、ひとりエッチの快感に衝撃を受けたコメントや、『彼氏と一緒に使ったら、すごく開放的になり今までにない快感を味わえちゃいました。ラブグッズのおかけで彼とより親密になれました』との幸せそうなラブラブコメントが。

 今まで彼とのセックスであまり気持ちよく感じられなかったという方にこそ、自分の感度を高めるためにもラブグッズを活用してみませんか? また、カップルでの『スカイビーンズ』エッチを通して、より親密かつ濃密な関係を楽しめることも証明済み。「恥ずかしい」なんて思わなくていいんですよ。女性が我を忘れるくらい気持ち良くなれば、男性って無邪気に喜びますから。

■初心者でも簡単に感じやすくなる「スカイビーンズ」はこちら

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ