ゴシップ

向かい合うことを放棄したから?三船美佳・高橋ジョージ夫妻、結婚16年で離婚裁判へ

【この記事のキーワード】
『 Birthday Party / TIME MACHINE 』Geneon =music=

『 Birthday Party / TIME MACHINE 』Geneon =music=

 おしどり夫婦としてセットでのテレビ・イベント出演が多かった、三船美佳(32)と「THE虎舞竜」高橋ジョージ(56)夫妻が、離婚予定であると報じられた。2013年末から別居しており、修復を望む高橋と離婚を望む三船は両者譲らず、離婚調停は決裂してしまった。すでに三船は家庭裁判所に離婚を求めて提訴しており、もはや復縁は難しい状況だという。

 三船の16歳の誕生日に入籍し、世間を驚かせた24歳の年の差カップル。およそ16年にわたって夫婦生活を営み、愛娘(10)にも恵まれたが、三船は「30代の自立した女性として生きてみたい」という意志から離婚に踏み切ったようだ。

 スポーツ紙の報道によれば、高橋はやや束縛家、あるいは“甘えん坊”だったようだ。たとえば、夫の在宅時に妻が彼を残して外出することは禁止されていた。そんな生活を窮屈に感じ始めた三船は20歳頃にも自由を求め、夫婦間が険悪になったことがあったという。その後、長女を妊娠・出産することになり関係が修復したかに見えたが、わだかまりは解けなかったようだ。

 ネット上では「三船さんは16年もよく頑張ったと思う」「今さらながらだけど、どう考えてみても、40歳が中学生女子に手を出してた時点でおかしかった」と、離婚やむなしとの見方が多い。

「美佳さんがこの結婚を決めた当時は、ものすごく年上の高橋さんに父性を求めていた側面もありそうです。そう考えると『もう大人になったから、自立したい』という主張もわかります。ただ、おしどり夫婦としての出演機会を失うと、ママタレとして単体でもバラエティ出演がある美佳さんはともかく、高橋さんはメディア露出がぐっと減りそうですね。それもあるから簡単に離婚届に判を押せないのではないでしょうか」(業界関係者)

 2011年の11月22日「いい夫婦の日」には、「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた高橋・三船夫妻。揃って記者会見に臨み、フォトセッションでは腕を組んだり抱き合ったりと仲睦まじい振る舞いだったが、火種はすでにあったのだろうか。この時、夫婦の絆の秘訣を聞かれ、高橋は「価値観は夫婦でもそれぞれ違って当然、お互い認め合うこと。そして、あまり向かい合わないこと」と持論を展開し、三船も「人って向かい合っちゃうと、アラを探しちゃう。心と心を通じ合わせるのは、心をそばにして、同じ目標に向かうこと。あと褒め合うことが一番」とうなずいていた。高橋は同じ目標に向かって寄り添い並走しているつもりだったのかもしれないが、いつしか三船は別の目標を見据えていたようである。
(篠田ロック)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

THE 虎舞竜 SUPER BEST