カルチャー

本家大河ドラマよりも重厚かつ極エロ!? 絶対ハマる大河ロマンTLの世界へいざ!

【この記事のキーワード】

 毎日が会社や学校と自宅との往復――そんな波乱も癒しもない平々凡々な日常に退屈していませんか? 時にはドラマのような物語に没入してみると、リフレッシュ効果が得られるものです。今回は、一瞬にしてドラマティックなストーリーに引き込まれるTL2作品をご紹介しましょう。

極上執事のドSバスツアー~お嬢様、お仕置きのお時間です~

『極上執事のドSバスツアー~お嬢様、お仕置きのお時間です~』

『極上執事のドSバスツアー~お嬢様、お仕置きのお時間です~』

 浮気現場を目撃して引っぱたいた元カレへの未練が残り、次の恋にちっとも踏み出せない杏奈は、女友達から「超人気バスツアー」に誘われる。それはなんと、「お嬢様なりきりバスツアー」で、男性陣はみんな執事!? しかも杏奈の前に現れた執事は元カレにうりふたつの容姿で……。

 バスツアースタッフの執事たち一人一人をクローズアップしたオムニバス形式の作品で、綺麗な絵柄も含めとっても読みやすいです。恋愛ありきのエッチが絶妙なバランスで描かれ、テレビドラマでいえば月9枠がぴったり。嫉妬や束縛心からすれ違ってしまったカップルのその後を描いた第一話も良いですが、二話以降に登場する「ツアー常連お嬢様・真帆/クール系執事・アゲハ」の物語も読み応えありまくりです。男性アレルギーを克服したくて奮闘する真帆は本当にいいキャラで、女性読者の共感を呼ぶこと間違いなし!

 もっと触って欲しいのに「ここまで」と線引きをする執事さんたちの「ドS焦らしプレイ」は憧れちゃいます。アゲハにどれだけ拒否られても押して押して押し倒す真帆の勇気と、クールな仮面を剥ぎ取られエッチモードに突入した途端ドS炸裂させるアゲハのカップリングは最高♪ ちゃぷちゃぷ溢れる愛液の音をわざと聞かせて「すごい水音してるけど?」と焦らすSモードアゲハ、素敵です~。

悪ノ花―家なき娘と蜜の檻―

『悪ノ花―家なき娘と蜜の檻―』

『悪ノ花―家なき娘と蜜の檻―』

 あちらが月9枠なら、こちらは大河ロマン! それほどストーリーの骨子がしっかりしていて、どれだけ読み進めても絶対飽きませんし確実にハマります。「光源氏」「マイフェア・レディ」のような“大人の男×少女”のラブストーリーでありながら、一人の少女の成長物語としても見どころ豊富な大作です。

 劣悪な環境で育ち、人買いから逃げ出した“家なき子”の少女が、貿易会社の御曹司・大雅に拾われたことから運命の歯車が回り出します。字も読めない、マナーなどひとつも知らない少女に、大雅は「りんどう」という花の名前を与え、とろけるように甘やかしてくれました。しかし彼はりんどうを人間として見てはいませんでした。ただの愛らしい小鳥、すなわちペット。鳴き方を知らない小鳥は、躾けと称して執事に調教され、性の快感に翻弄されていきます。

 暴力的な性行為しかこの世に存在しないと思い込んでいたりんどうは、彼らの長い指で体の奥から蜜が溶けるような気持ち良さを味わい、「おもらしみたい」なほど濡れそぼった赤い蕾をひくつかせてセックスに溺れます。性の快楽を覚えたりんどうは大雅の元へ戻され、愛玩の対象として毎日可愛がられることで人生最大の幸せを手にします。しかしに大雅には正式な婚約者が……。りんどうは、男をつなぎとめるセックス以外の方法を知らないし思いつきもしないし考えようともしない。一方の大雅は相変わらず、りんどうを一人の人間として扱わず、結婚するにもかかわらず、りんどうへの独占欲も剥き出しにする。心も体も徐々に大人へ成長していくりんどうは、自分自身のためにどのような人生を選択するのか。続きがどうしようもなく気になる一作。

 きわめて現代的でときめき要素100%の『極上執事のドSバスツアー~お嬢様、お仕置きのお時間です~』と、物語の重厚さおよび特濃エッチシーンが際立つ大作『悪ノ花―家なき娘と蜜の檻―』は、どちらもコミックシーモアでお楽しみください。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ