ゴシップ

同居なし、セックスなし、夫の仕事も住所も知らない。国生さゆりが激白した奇妙な結婚生活とプライド

【この記事のキーワード】
国生さゆり

国生さゆりTwitterより

 2012年2月14日にコンサルタント会社社長である甲田英司(41)と結婚したタレントの国生さゆり(48)。わずか一年足らずの13年9月に夫妻は離婚していたのだが、今年1月21日、甲田が詐欺容疑で逮捕されたことから、元妻である国生の周辺もなにかと騒がしくなっている。

 甲田容疑者は、13年4月に「高級外車に傷をつけられたので修理した」と保険会社に虚偽申告し、約925万円をだまし取った疑い。国生は元夫の逮捕に関して「なにも知りませんでした。びっくりしています」とコメントを発表したのだが、しかし13年4月といえば、国生と甲田容疑者はまだ婚姻関係にあったはずだ。そのため、「夫婦なのに何も知らないわけはない」とあちらこちらから批判の声があがったのだ。

 この状況からなんとか逃れたいと考えたのか、国生サイドは苦肉の策を打ったようだ。27日発売の「女性自身」(光文社)で、国生の友人が、この二人が仮面夫婦ですらない「名ばかり夫婦」であったことを明かしている。

 記事によると、国生と甲田容疑者は結婚してから1日たりとも同居をしたことがないという。さらに国生は夫の仕事内容も知らず、また何度も転居を繰り返す夫の住所さえ教えられていない状態だったというのだ。当然ながら財布は別々で、同居していないので夜の営みさえなかった、と――。しかも甲田容疑者が国生に熱をあげていたのは最初の頃だけで、結婚前にすでに彼の気持ちは冷め切っていたという。では一体何のために入籍したのか、さっぱり理解できない。まさに奇妙な夫婦としか言いようがないだろう。

 Aさんの証言が本当ならば、誰もがまず疑問に思うだろう。「なぜ結婚した、国生さゆり!?」と……。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)