ゴシップ

未成年飲酒疑惑にプラ写流出…日テレ内定女子アナへのネガキャンは誰の仕業?

【この記事のキーワード】
女子アナ

日本テレビアナウンサールーム/トップページより

 昨年11月、日本テレビのアナウンサーとして入社が内定していた東洋英和女学院大学の笹崎里菜さん(22)が、ホステスのアルバイト経験を理由に同社から内定を取り消されたことを不服とし、訴訟を起こした。裁判を経て今年1月7日に日テレと和解が成立し、彼女は4月から同社のアナウンス部に所属することになっている。

 しかし入社を控えたこのタイミングで、笹崎さんにまつわる不穏な情報が流出した。最新号の「週刊ポスト」(小学館)が、彼女の未成年飲酒疑惑とセクシー写真をスクープしたのだ。

 記事によると、件の写真は笹崎さんの友人がネット上の写真共有サイトで一般公開していたアルバムの中に収められていたもので、ミニスカート姿で太ももを露わにした彼女がソファに寝そべっているというショット。そのアルバムには、笹崎さんと恋人がかわしたLINEメッセージのスクリーンショットもあったという。また、笹崎さんが20歳になる前の2011年10月には、「昨日の飲み楽しすぎた 久々……」というコメントとともに彼女と友人のプリクラがアップされており、未成年飲酒も疑われている。ちなみにこのアルバムは現在閉鎖されている。

 この記事を受け、ネット上では「日テレはやっぱり内定出さなきゃよかったんじゃない」「女子アナ目指してたクセに脇が甘い」という笹崎さんへの批判コメントが続出。また、「日テレ必死だな」と、この報道自体が日テレ側の話題作りではと疑う声もあった。

 ただ、公開していた写真はベッドシーンなどの過激なものでもなく、セクシー写真と呼ぶのは誇張表現にも思える。未成年飲酒疑惑については確かに倫理観を問われる問題ではあるが、恋人とのLINEのやりとりについては就職・採用に無関係なプライベートだ。

 今回の週刊誌報道によって、再び日テレ側が「やはり清廉性に欠ける」と内定見直しをかけることはあり得ないが、明らかに笹崎さんのイメージダウンを狙ったであろうこの情報の出所はどこだろう。ネガティブキャンペーンを企てている勢力があるのだろうか?

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

(053)正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)