カラダ・美容

サロン脱毛、施術の実態。肛門・大陰唇付近のシェービングはやっぱり辛かった

【この記事のキーワード】
(UsakoGekoyama)

(UsakoGekoyama)

 実は、2014年夏からサロン脱毛に通っています。私は30代で子持ち、かつ20代後半から恋愛欲・性欲も激減したので、いまさらムダ毛があろうがなかろうがどっちでもいいわ~、という感じではあるのですが、全身脱毛済の女友達が「ほんっとラク!」と言うのを聞いているうちに、なんとなく始めてみたくなったのです。

 初めてスネ毛を剃ってみた中2の時からずっと、入浴中に洗い場で「泡立てたボディソープ+カミソリ(シック クアトロフォーウーマン)」でのムダ毛処理をおこなってきたのですが、正直言ってもう面倒くさい。かといって、腕も脚も生やしっぱなし・伸ばしっぱなしの状態でいるのも自分にとってストレス。「女はムダ毛を処理していなければならない」という強迫観念から逃れられるほど、私は達観していないわけです。

 念のため申告しておきますと、この場合「男性に喜んでもらうため」という動機で脱毛するわけではないんですよ。実はみなさん、そうじゃないですか? 喜んでもらうためというより、「自分が恥ずかしくないように」ムダ毛処理をするのではないでしょうか。大体、セックスの際に女性の肌に触れて「うわ~ツルスベだぁ~」なんて歓喜している男の人は本当に多数派でしょうか? 実際には「女性の毛はなくて当然」と思われているから、何の感動もないんじゃないかしら。私はセックス対象の男性として「毛深くないタイプ」を好みますが、本当に脱いで毛深くなかったとしても別に感動しないし歓喜もしません。あ、ラッキー♪ 程度の感想しか抱きません。男性側も、そんなもんなんじゃないかな~、なんて。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

パナソニック ボディ用シェーバー フェリエ ビビッドピンク ES-WR40-VP