連載

アラセブの驚愕美熟女、才色兼備の日本代表ソリスト“阿木燿子”様

【この記事のキーワード】
野菜中心の食事で、美貌をキープ!(『阿木燿子 ほっぺたぽろりんレシピ』家の光協会)

野菜中心の食事で、美貌をキープ!(『阿木燿子 ほっぺたぽろりんレシピ』家の光協会)

 数年前、東京タワー近くの某ホテルのロビーで偶然、五木寛之さんをお見かけしました。編集者らしき方と一緒で、打ち合わせだったのか、ただ珈琲を飲みにいらしていただけなのか……定かではありませんが、渋いロマンスグレー。ご自身が原作の登場人物のような洒脱な雰囲気を纏っていて、とっても素敵。そこだけが、映画のワンシーンのよう。

 その後、あのロマンスグレーの髪は年4回くらいしか洗髪されてないと知って、驚愕しました。世界中、いろいろな所を旅される内に「髪を洗わない国の人は抜け毛が少ない」ということに気づき、洗髪回数を減らしたそうです。確かに80代で、あの毛髪力はすごいです。コシが強そうでふさふさ。他にも片足立ちで歯磨きとか、ゴキブリ体操とか健康に生きる方法をいろいろ実践されていて、病院しらず(のよう)。

 人間は千差万別、それぞれが気持ちいいと思えることを行うことが健康法・養生法につながるのだそうです。私は今40代なので、五木さんの約半分ほどしか生きてないにも関わらず、すでにいろいろ老化してきたのか、朝起きた時に体中が軋んでいて、歯磨きは体を洗面台に預け、ただ磨くのが関の山。なのに、さらに片足で立つなんて。考えられないし、考えたこともないです。が、原稿を書きながら、年々、体力勝負を実感してきているこの頃、体力の低下が、知力の低下に直結している気がしてなりません。体を動かさないと、頭もガチガチに。今こそ、健康法・養生法を考えなくては! ドンドドン! しかし自分を鼓舞したところで何も実践しないせいか、今日も不健康なままです。

 昔、同年代の江角マキコさんが「家の中でほとんど座らない」と言ってるのをテレビで見て、24時間すべての行動を見てみたいと思いました。きっと、元アスリート(企業団バレーボール選手)なので、体の構造が違うのかもしれませんが、凄いです。江角さんを見る度に、そのエピソードを思い出しては、動き続けることであのスタイルをキープしているのだと納得しています。よく動く人と、あまり食べない人は痩せてます。

阿木様の快挙

 そんな健康法実践者の五木寛之氏原作の映画『四季・奈津子』が、今見ても新しく、面白く、とてもお洒落。さらに美しい裸の女が二人も出ていて、お得感もたっぷりでした。その美しい女のひとりが、おケイ役の阿木燿子氏。しっかり脱いでくださっています。出し惜しみすることもなく、さらりと。艶っぽく、知性を感じさせるおでこ美人の阿木さんが、そこにいることで、この映画の根底に洗練された空気がずっと漂い続けていました。余韻が残るほどに。嗚呼、お美しや。

1 2

阿久真子

脚本家。2013年「八月の青」で、SOD大賞脚本家賞受賞。他に「Black coffee」「よしもと商店街」など。好きな漢は土方歳三。休日の殆どを新撰組関連に費やしている。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

四季・奈津子 (ポプラ文庫)