ゴシップ

一番の勝ち組は藤本・北斗、美奈子は終了! ママタレのギャラ格付けにみる栄枯盛衰

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
左:『Como 2015年 2月号』主婦の友社/右:『健介ファミリーの元気のもと。』ベースボールマガジン社

左:『Como 2015年 2月号』主婦の友社/右:『健介ファミリーの元気のもと。』ベースボールマガジン社

 女優やミュージシャンのように何か「芸」を磨いて芸能界に身を置いているわけでない女性タレントが、結婚して子供を持ち、ブログや雑誌やバラエティで活躍するママタレへと変貌を遂げるのは既定路線だ。彼女たちはブログで料理や子供の写真をたびたびアップし、名前を有する一人の女性というよりも「ママ」であるというアイデンティティを強く押し出すことで、いつのまにかママタレとしての地位を確立する。一方、特に発信せずとも、母親であれば誰でも持ち得るコンテンツを周りが放っておかずに、ママとしての側面が強調される女性芸能人のパターンもある。

 前者は辻希美(27)、熊田曜子(32)や小倉優子(31)などが代表的で、後者は最近では山田優(30)がまさにそのタイプに当てはまる。望むと望まざるにかかわらず、芸能界にいながら出産した女性は周囲からママタレとしても見られるようになる。そしてその枠の中で勝手に格付けされたりもしてしまう。messyでもかつてそんな特集をしたことがあった。

 2月3日発売の「女性自身」(光文社)に、『ギャラに異変! 最高額はあの’80年代アイドル ママタレ「格付け」リスト』という特集が掲載された。離婚や出産などで日々更新されるママタレ勢力図の“今”を、仕事のオファー金額=ギャラという側面から分析した記事となっている。芸能界で活躍できるママタレのパイは限られているが、昨今のブログカルチャー繁栄によるママタレ大増殖で、その勢力図に異変が生じているようだ。

 この記事によればギャラ最高額80~100万クラスのトップに躍り出たのはなんと意外なことに菊池桃子(46)だった。80年代にいきなり『ラ・ムー』という自称?ロックバンドを組み(組まされ?)「愛は心の仕事です」を歌っていたあの菊池桃子だ。そんな黒歴史もなかったことのようにママタレ界のトップに君臨したのである。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

コメントを残す

messy新着記事一覧へ

母親失格 それでも、子どもが強く明るく育つ理由