ゴシップ

無添加な武闘派・工藤静香の「絶対負けねえ!」という気迫

【この記事のキーワード】
工藤静香

工藤静香「I’m not」ポニーキャニオン

 今月18日にニューアルバム『MY TREASURE BEST-中島みゆき×後藤次利コレクション-』(ポニーキャニオン)をリリース予定の工藤静香(44)が、精力的なプロモーションをこなしています。いくつもの歌番組に出演して往年のヒット曲を披露し、女性ファッション誌のインタビューにも登場。8日に放送された『LIVE MONSTER』(日本テレビ系)では「夫・木村拓哉」との秘められた私生活もほんのわずかながら明かし、波紋を呼んでいます。

 そして今回注目したいのが、アラサーOL向けファッション誌「BAILA」(集英社)での工藤静香インタビュー。「BAILA」読者と工藤のしーちゃん先輩って、全っ然、1ミリたりとも重なる部分がないんですけど、大丈夫? ご心配なく、彼女が登場したのはファッションよりも生き方そのものを説く「カッコイイ先輩列伝」というページ。あの岡本夏生先輩も出たことありますから。雑誌との親和性なんてゼロでもマイナスでも無問題です。

 さて、このインタビューの静香はとにかくアツい。「デビュー当時はセクシーすぎて髪を切らされた」「太陽より月の光が似合う」と自分で言っちゃうクールセクシー属性の静香ですが、常に「パーフェクトを目指して努力」したいそうで、「私は自分に厳しいほうかもしれません」と言い放っています。アンニュイで気怠い雰囲気が静香の魅力だと思ってたんですけど、もうそういうのは卒業?

 天下の「抱かれたい男ナンバーワン」と結婚してからというもの、静香のギアは「何でもできちゃうパーフェクトな私」にチェンジしてアクセル踏みっぱなしです。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

BAILA(バイラ) 2015年 03 月号 雑誌