ゴシップ

今度は18歳キャバ嬢と…逮捕・服役を経た押尾学の現在

【この記事のキーワード】
『The first chapter...』ユニバーサルJ

『The first chapter…』ユニバーサルJ

 2009年に合成麻薬MDMAの使用で執行猶予を受け、その後ともにMDMAを使用して意識不明となったホステスに適切な処置をしなかったことが判明して保護責任者遺棄致死罪で逮捕された元俳優の押尾学(36)。裁判を経て2012年に収監され、昨年末に仮釈放となったが、彼の近況を最新号の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 記事によると、押尾は現在18歳のキャバクラ嬢と交際中で、彼女の親名義のマンションに2人で向かう様子も目撃されているという。俳優として活動していた当時は派手な女性関係が噂され、モテ男として知られていた押尾だが、それは逮捕・服役を経ても変わっていないようだ。

 また、同誌がキャバクラ嬢の父親に押尾との交際について直撃したところ、父親は彼女に押尾と別れるよう連絡させ、押尾の「会ってお詫びしたい」という申し出を拒んだとのこと。自分の娘が、違法薬物使用により服役していた男と――しかも死亡者が出ている事件に関わり、メディアでさんざん悪行を報じられた押尾学と交際しているとなれば、父親が交際に否定的な見方を示すのも無理はないだろう。

 自分の半分ほどの年齢の女性に寄りかかり、彼女の親名義の住居に住まう押尾の姿は、自立心を感じさせないからだろうか、ネット上では「全然反省してない」「また同じ事件起こしそう」とネガティブな反応が続出。交際相手の女性については「なんで押尾についていくのかな」との声がある一方で、「18歳なら事件のことをあまり知らないのかも?」との指摘もあった。確かに、事件が表面化してワイドショーで大騒ぎになった09年には、まだこの女性は11~12歳であったことを考えると、事件はおろか俳優として活躍していた頃の押尾の輝きすら知らずに「最近知り合ったおじさん」として付き合っている可能性もある。

 相変わらず女性には困っていない様子の押尾。そのうちパトロンをつかまえて芸能界復帰となる日も来るかもしれない。そうなるともっとも迷惑を被るのは、あの女性だろう。

「奥菜恵(35)、安倍なつみ(33)、平山あや(31)など、かつて押尾との関係が疑われた女性芸能人は多いですが、押尾の近況が報じられて一番迷惑しているのは元妻の矢田亜希子(36)でしょう。彼女は押尾との結婚で“お嬢様女優”のイメージこそ崩壊したものの、今も類まれな美貌は健在で、女優業を堅調にこなしています。現在放送中の昼ドラ『花嫁のれん』(フジテレビ系)にも出演中。押尾のことさえなければ、アラフォー向けに乱立する女性ファッション誌で活躍していくことも出来そう。やっと押尾の影が薄れてきた今になって、元夫がまたメディアを賑わすようになったら、やはりマイナスイメージが強まってしまいます。矢田は押尾との間にできた息子を養育中でもありますが、警察の世話になっていた父親のことをどう説明しているのか……そうした面でも押尾にはおとなしくしていてほしいのでは」(芸能関係者)

 シングルマザーとして頑張る矢田の足を引っ張るようなことだけはしてほしくないものだが……。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

やまとなでしこ DVD-BOX