恋愛・セックス

即効性ありすぎのダイエット薬品で3kg減も、トイレが汚れすぎるというデメリット

【この記事のキーワード】
Photo by Dave Sanderson from Flickr

Photo by Dave Sanderson from Flickr

 

 ダイエットに関心がある読者の方は、「ゼニカル」というダイエットピルのことをご存知でしょうか? ゼニカルは食事から摂取した油の30%を体外に排出してカロリーセーブを叶えるというもので、医薬品としての効果が立証されており、ダイエット先進国のアメリカでは、FDA(米国食品医薬品局)に認可され、ダイエット医薬品として高い人気を誇っているそうです。

 カロリーセーブを謳うダイエットサプリは数多くあれど、実際には個人差が大きく、なかなか効果を感じられないことも。しかし医薬品であるからにはその効果も実感できるはず!? 万年ダイエッターの記者が試してみました。

放屁でも脂肪分が噴射する威力

 ゼニカルは、美容クリニックや肥満外来での処方、または個人輸入で購入することができます。1日3回までの服用が可能で、食中または食後に1粒摂取します。早速、試してみたところ、油っこい料理を食べても全く体重に影響しなくなりました。年末年始は連日のように外食やお餅などの高カロリーメニューを食べていたのに、です。さらに正月明けからダイエットモードに切り替えて、量を控えたバランスの良い食事にしたところ、体重が減りはじめました! これぞ、医薬品の効果なのでしょう。

 ただ、そんなゼニカルにはデメリットもあります。食事から摂取した油を便や尿とともに排出するので、ゼニカルを服用するようになってからというもの、便がとにかく油っこいのです! さらには、おならをしただけで油が噴射することも(汚い話ですみません)。しかも、油は水を弾いてしまうので、用を足した後に水を流しても便器内には油がこびりついたまま……。よって、トイレ掃除の回数が激増しました。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

スクラビングバブル シャット 流せるトイレブラシ 替え