連載

相席居酒屋にリベンジしてきました!~渋谷編~

【この記事のキーワード】

ohanachan_topill

昨年、相席居酒屋という相席スタイルの居酒屋店がオープンし、話題となりました。テレビやネットでも取り上げられ、みるみるうちに人気が出て、今では全国10店舗以上に拡大。ものすごい勢いです。私も、オープンしたばかりの1号店@赤羽に行ったのですが、それはまぁ苦い思いをしました

もう二度と行くもんか! と思っていましたが、この人気ぶりを見ていると、もしかしたら「赤羽」という場所が選択ミスだったのではないか? と思いはじめました。というのも、赤羽とはちょっと独特な街。東京とも、埼玉とも言えない不思議な立ち位置で、そこにいる人々も、赤羽らしさを醸し出しているのです。説明するのが難しいのですが、赤羽で数回飲めば、きっとその異様な空気を感じ取ることができると思います(笑)。

赤羽の相席屋にいた男性はほぼ30代後半~40代といった私のストライクゾーンではありましたが、盛り上がりに欠けたという印象でした。タダでキャバ嬢やらされてる感覚だったし。

そんなことを考えつつ渋谷を歩いていたら、ピカピカにリニューアルされた「相席屋」を発見。読モみたいな女子大生が続々と入店していくではありませんか! 同年代の女の子が相席屋に行く光景など見たことがなかったので、サクラか!? とも思いましたが、渋谷という場所だからこそ若者から支持されているのかもしれない……これは行かなくては。と、リベンジを決意。

今回は今ネットで大人気の「暇な女子大生(以下暇女ちゃん)」と一緒に突撃してきました! 暇女ちゃんとは何度か夜を共にしているのですが、彼女のナチュラルに男心を掴む姿勢はすごい。真似できないやり方です。まず、顔がめちゃくちゃ可愛い。化粧っ気がないところも好感度が高いのでしょう。そして、天性のミステリアスな雰囲気で男たちをグイグイ惹き付けるんです。厚塗りメイクにミニスカという、見た目で誤魔化すタイプの私と正反対の暇女ちゃんなら、バランスいいかも!? と思い立ち、二人で行くことにしました。

女子大生だらけの相席屋 渋谷店!ここは素人キャバクラか!?

土曜の夜。店内に入ると、ほぼ満席! しかも、女の子がたくさんいるんです!!  20代風の男性がほとんどで、土曜だったこともあってか、しなびたサラリーマンなんて一人もいませんでした。めちゃくちゃブサイクな男性もいなかったと思います。フツメン男子がウヨウヨいて、マジで驚きました。

さらにびっくりしたのが、女の子が若くて可愛いこと! 量産型女子大生みたいな子で溢れてはいましたが、みんなそれなりに可愛い。ニコニコ笑って男性と楽しく飲んでるではありませんか~! 男性は「ちょっと高めの料金を支払って、女子大生と飲んでいる」そんな印象です。

(ここにいる女、全員素人キャバ嬢かよ!)

と思ってしまうような空間でした……。「私大丈夫かな?」「相手にされるかな?」なんて不安もよぎるほど、女の子のレベルは高かったです。

ちなみに、渋谷店の料金は、女性は全員無料。男性は、相席が始まってから30分1500円。相席になるまではドリンク1杯500円みたいです。ドリンクはセルフサービスなのがちょっと面倒でした。フードは男女共に別料金。だいたい300円~1000円までと安めの設定。美味しくないけど。

つまり、単純計算で男性は2時間6000円! うーん、素人キャバクラと思えば、絶妙な値段設定です。合コンでも男性がご馳走してくれたり、多めに支払ってくれることを考えると、彼らのお財布的にはそんなに負担ではないのかも。気が合えば連絡先も交換できるし、上手くいけば二軒目、三軒目と違うお店にも行ける(あ、それってアフターじゃね?)。こりゃ儲かるわけだ、納得です。

1 2

おはなちゃん

オープンスケベ。4歳で初めて股をこすってから、性に目覚めた22歳。普段は女子大生、事務アルバイトをこなしながら日々性を楽しんでいる。おじさんキラーであり、現在24歳年上のおじさまとお付き合い中。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ウヒョッ! 東京都北区赤羽 : 1 (アクションコミックス)