連載

どうしても不倫したくてたまりません。

【この記事のキーワード】

kenjitop

●まあさ(37)

KENJIさんこんにちは。はじめまして37歳既婚者です。
心の優しいKENJIさんに慰めてもらいたくて、厚かましいのを承知で相談させていただきます。

家庭、子供、仕事と、それなりにストレスはありますが、恵まれた環境です。
これ以上望んではいけない。現状を大切にしなければいけない。ということは重々わかっておりますが、どうしても不倫したくてたまりません。

浮気したところでメリットは何もない、デメリットしかないことも知っていますが、夫以外の男性と楽しい時間を過ごしたくてして仕方ありません。

例えばクライアントの男性社員と一緒に仕事をした場合「私に興味はあるのか?」「この人とセックスが出来るか?」などと考えてしまいます。
仕事は大切なので、仕事で付き合いのある方との不倫なんて絶対あり得ません。
しかし利害関係が全くない方だと考えてしまいます。

頭がおかしいですよね。どうしたら良いのでしょうか?
ちなみに私は、ごくごく普通の会社員です。

―――

まあささん
ごきげんよう。汚(お)ブス研究家のKENJIよ。

あらあら〜。幸せアピールなんてとっても鼻に付くわ!!

アタシに慰めて欲しいですって!?
オシドリの契りを交わしたにも関わらず、“不倫”だなんて……。

肉食散らかし女子」とはアナタのことね!!

ごくごく普通の会社員ですって!?
ちょっと!! 頭のネジぶっ飛び過ぎじゃないかしら!!!!(笑)
まあささんの考える「普通の会社員」って、仕事でもパートナーハントに勤しむ方のことなのかしら?
笑わせんじゃないわよ!!

KENJI美ンタ!! ビターーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!

1 2

KENJI

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

@obusukenji

株式会社スリースマイル

KENJIオフィシャルBLOG

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

Fielder vol.16 大特集:無人島体験 (SAKURA・MOOK 91)