連載

旦那におんぶに抱っこの私…子供たちの手本になれるのでしょうか?

【この記事のキーワード】

kenjitop

●にゃにゃのすけ(31)

こんにちは、KENJIさん。現在3人の子育て(3歳、2歳、2カ月)真っ最中の専業主婦、にゃにゃのすけです。
今日はじめて記事を読ませていただいたのですが、当たり前のことなのに自分には見えていなかったKENJIさんの価値観に惹かれて、バックナンバーもたくさん読んでしまいました。

そんな未熟な私の悩みは、自分自身のことです。
「子供は親を見て育つ」と言いますが、私が全然子供たちのお手本になれていないのです。

3人ともまだ幼く愛情がいっぱい欲しい時期なのに、ひとりひとりにかけてあげられる時間が彼らにとって満足できるものではないのだと思います。2歳の長男は不満を暴力的な行動や言葉で表現し、3歳の長女は幼稚園の先生やパパに、ママの代わりに抱っこや愛情表現を求めたりと良くないサインが見えているのです。

KENJIさんのお悩み相談の記事に投稿されている十代の娘さんたちの様子を見ると、子供たちの将来が不安で仕方ありません。

子供たちに将来悩んで欲しくないというのではないのです。悩みの種となっている人、例えば人様に迷惑をかけたり、傷つけてしまうような人になって欲しくないと思うのです。

きっと、幼少時代の愛情不足が原因で自分を好きになれなかったり、ひねくれてしまうこともあるのではないかと不安です。

こうして書く間に、ずいぶん頭が整理されて、やるべきことが見えてきたように思いますが、私はどんなお母さんであればよいでしょうか? 愛情をたくさん注ぐというのは、自分に自信がないとできないように思います。家事もろくにこなせず、旦那におんぶに抱っこ状態の私が、子供たちの手本になどなれるのか……喝を入れてください。本当はKENJIさんの記事を読んでいることさえ、そんな暇があったら家事をこなせという状況なのでしょうけど……。

KENJIさん、大好きです。人のことを親身になって叱ってくれたり、アドバイスもしてくれる……。人に頼られるのは、きっと辛い時もあると思いますが、頼ってしまってすみません。どうか、お体を大切に。

―――

にゃにゃのすけさん
ごきげんにゃ。汚(お)ブス研究家のKENJIよ。

3人の子宝に恵まれて、とっても頑張っているみたいね。
たしかに、子供は親の背中を見て育つわ。

ただ……ちょっといいかしら!?
KENJI美ンタ!! ビターーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!

1 2

KENJI

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

@obusukenji

株式会社スリースマイル

KENJIオフィシャルBLOG

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

育児なし日記vs育児され日記