ゴシップ

吉川ひなの「ずっと隠してた秘密」を告白するも話題性ゼロ! ジェットコースター・メンタルのほうが大事件なポエム集

【この記事のキーワード】
吉川ひなのInstagramより

吉川ひなのInstagramより

 2011年に再婚しその翌年に女児を出産、以降、ハワイを生活の拠点にしているタレントの吉川ひなの(35)による初のフォトエッセイ本『ずっと途中』(主婦と生活社)が2月13日に発売された。

 同月22日に行われた発売記念イベントでは「デビュー当時に言うなと言われたことを、アイドル気取りのまま今まで頑なに守って来た」と事務所の意向でプライベートをベールに包んできたことを話し、「社長に『今まで言わないようにしてきたことを本で言いたい』とメールしたら『とっくに言っていると思っていた』と言われて、誤差がありました」と笑ったひなの。どうやら、なんらかの「秘密」が本書で明らかにされているらしい。

 “私、すっごく大人になりました”と帯にあるうえ、これまで明かされなかった“言うなと言われたこと”がオープンになっているとあれば、まあ、読みたい。2013年10月には、“夫婦があらためて愛を誓い合うセレモニー”とされるバウ・リニューアル婚をハワイで執り行うマイウェイぶりを見せつけ、過去にはIZAMとの不思議結婚会見でお茶の間を不穏な空気に包み込んだひなのの成長と秘密が詰まっているはずだ。というわけで絶対アツい『ずっと途中』を早速チェックしてみた。

結論:ポエム本だった

 帯にはさらに「恥ずかしくてもかっこ悪くても わかってもらいたいことをプライド捨てて伝えるのはとても大事」などとある。どんな恥ずかしくてかっこ悪いことが書かれているのか、期待で胸が膨らみまくる。だがページを繰っても繰っても、さらに繰っても……どこが「大人になりました」だ! というツッコミばかりが浮かぶ恐ろしい本であった。

 文章の少なさ(全部iPhoneで入力したらしい)にもびっくりするが、書かれている内容はエッセイというよりポエムに近い。見開きのハワイの写真(「大丈夫 きょうは 大丈夫」「明日はもっと素晴らしい」など、ひなののポエムが写真の上に乗っている)がエッセイの合間合間に挟み込まれている作りになっているが、各テーマごとのエッセイも、文字数がものすごく少なく、一冊まるまる10分で読み終わってしまう。そして、別に恥ずかしいことやかっこ悪いことは書かれていなかった。

「すっごい幸せな日と すごいつらい日との 繰り返し 普通に 楽しく 過ごせたら すっごい幸せ って思うの」
「本当は96歳くらいまで生きたいけど、でも彼が先にいなくなるのはイヤだから、どうしよう」
「『そうだったんだね』『これはこうだったんだね』と言ってほしいだけなのに」

 終始、このような調子である。35歳、“すっごく大人になりました”と煽っておきながらである……。昔はどんだけだったんだ? 帯や広告展開に一杯食わされてしまった。「イヤだから、どうしよう」って知らないよ! あとがきを読むと「大人になったというのは、私、成長したぜということではなくて、大人になることが怖くなくなった、ということ」とある。もう~!

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

大人のハワイLuxe vol.28 (FG MOOK)